京都のスポーツサイクルショップきゅうべえsportsのメカニックが監修する自転車メンテナンス情報。
ロードバイク、MTB(マウンテンバイク)、クロスバイクなどの簡単な点検からパーツ交換・チューンナップといったメカニカル情報や、スポーツバイシクルの乗り方・選び方に至るまで、快適な自転車ライフのための情報を初心者にも分かりやすく解説。
個別の質問にもお答えいたしますので、関連記事のコメントにて御気軽に書込み下さい。

TOP > Tires&Wheels(タイヤ・ホイール) > クリンチャータイヤ用インナーチューブの選び方

クリンチャータイヤ用インナーチューブの選び方

タイヤとチューブが別になっているクリンチャータイヤは、利用するチューブによってその性能を変化させることが出来ます。今回は一般的なブチルチューブ、軽量なブチルチューブ、R-Airチューブ、ラテックスチューブを紹介します。

右からブチル,R-air,ラテックス

右からブチル,R-air,ラテックス

ロードバイク・MTB用クリンチャータイヤの構造

クリンチャータイヤ輪切り

クリンチャータイヤ輪切り

クリンチャータイヤは、ホイールに嵌るビードとタイヤの形を支えるケーシング、路面と接するトレッド、および空気を保持するインナーチューブで構成されています。

自転車タイヤはオートバイや自動車用のタイヤと異なり、人間の出すことが出来る小さなパワーを最大限活用するため、軽量性と低い転がり抵抗、十分なコントロール性を両立するよう設計されています。

特に、ロードバイクタイヤの路面とトレッドが接する面積は大変小さいですが、単位面積当たりで見るとたいへん大きな接地圧で路面に押し付けられるため、結果として正しく操縦する限りスリップは起こりにくくなっています。

しかし、ロードバイクタイヤは接地する面積が狭いため、小さな路面の凹凸であっても路面とトレッドが離れ、グリップやトラクションが消失してしまうという難点があります。また、重量のかさむサスペンションを持たないロードバイクにとっては、タイヤの変形がサスペンションの代わりに路面追従性や乗り心地の確保を担っています。

このタイヤの変形を生んでいるのが、薄くしなやかなサイドウォールです。

インナーチューブの種類

インナーチューブは空気を保持する為にありますが、厚みがサイドウォールに比べて無視できないほどあるため、グリップや乗り心地にも影響します。タイヤを貫通する異物への抵抗性もインナーチューブで決まります。

  • ブチルチューブ →商品ページ
    最も一般的なインナーチューブの素材です。空気が抜けにくく組み付けが簡単、高い耐久性が特徴です。重量はロードバイク用で80~100gです。
  • 軽量ブチルチューブ →商品ページ
    タイヤの軽量化に用いられるレース仕様のインナーチューブです。通常のブチルチューブよりグリップや乗り心地が改善することもあります。空気は抜けにくいですが、僅かな傷が元でパンクしやすく、とくにリムとビード間にチューブが挟まりバーストパンクを起こしやすいので、組み付けには細心の注意が必要です。重量はロードバイク用で50~60gです。
  • R-Air →商品ページなどの特殊素材チューブ
    ブチルチューブの扱いやすさとラテックスチューブの性能を合わせ持つインナーチューブです。扱いは軽量ブチルチューブに準じます。代表的なものはR-Airです。重量はロードバイク用で60~70gです。
  • ラテックスチューブ →商品ページ
    古くからある高性能チューブです。一般的にブチルチューブよりグリップや乗り心地が改善します。24時間程度で空気圧が大きく低下してしまい、クリンチャータイヤで利用するとリムテープ側が傷みやすいため、完全にレース仕様のインナーチューブです。重量はロードバイク用で60~70gです。

検証:ラテックスチューブは本当に高性能か?

「ラテックスチューブはしなやかなためパンクしづらい」と一部で言われています。

チューブラータイヤを製造しているchallenge社の日本代理店サイトでもこのあたりに触れていますhttp://www.actionsports.co.jp/product_challenge2.php

が、にわかには信じ難い話です。そこで、一般的な肉厚のブチルチューブとチューブラータイヤに使われているラテックスチューブの耐パンク性を比較するため実験してみました。

  • 実験方法
    重量100g程度のロードバイク用ブチルチューブと60g程度のラテックスチューブを切り、同じ大きさ(2x3cm)のシートにする。それをクリップを曲げて作った針に押し付け、針が貫通するのに必要な重量(g)と、針が貫通したときのシートの変形量(cm)を見る。

    実験風景(ラテックスチューブ)

    実験風景(ラテックスチューブ)

  • 実験結果
    貫通するのに必要な重量(g)は、ブチルシートでは1.5kg、ラテックスシートでは0.6kgでした。
    貫通したときの変形量(cm)は、ブチルシートでは1.0cm、ラテックスシートでは1.9cmでした。
  • 結果から
    二種類のシートでの実験結果から、一般的なブチルチューブは強度はあるが、変形しないため貫通してきた異物にはさほど強くない、ラテックスチューブは異物が刺さるだけではパンクしづらいが、単純な強度ではブチルチューブに劣っているので、繊細な取り扱いが必要、となり、
    「ラテックスチューブはパンクに強い」というのは、通常の突き刺しパンクについては正しいといえます。

※この実験は本サイトが独自に実施したものです。常に再現可能であることを保証するものではないことをご了承下さい。

用途別お勧めチューブ

  • ロードバイクで通勤通学したい
    耐久性があり、空気が抜けにくい一般的なブチルチューブ →商品ページがオススメです。
  • 一泊するようなロングライドに出かけたい
    ホイール外周部を軽量化出来る軽量ブチルチューブ →商品ページや特殊素材チューブ(R-Air →商品ページ)がオススメです。
  • レースや日帰りのロングライドをしたい
    高性能なラテックスチューブ →商品ページがオススメです。

番外編:チューブレス・チューブラータイヤ

クリンチャータイヤはメンテナンスが楽なため大変普及していますが、タイヤの性能を100%引き出せているかというと疑問が残るのも事実です。その点に着目したタイヤがチューブレスとチューブラーです。ステップアップしたい場合はこれらの形式のタイヤを使ってみるのもいいかもしれません。

  1. チューブレス
    最近登場した形式で、自動車などと同じように専用のタイヤとリムを用いることで、チューブなしで空気を保持できます。チューブによる摩擦などの問題がないため、同じ形式のクリンチャータイヤと比べて乗り味と転がり抵抗が改善しています。まだタイヤの選択肢が少ないのが難点です。
    ロードバイク用チューブレスタイヤ →商品ページ
  2. チューブラー
    自転車用としては最も古くからある形式で、専用のタイヤとリムを接着剤やテープで貼りつけます。タイヤにビードがなく、リムも単純なパイプ構造のため、タイヤ外周部を大幅に軽量化出来ます。また、パンクしても空気が一気に抜けることがなく、空気が抜けてもタイヤが外れないため、下りでパンクした場合でも安全に停止する猶予を確保できます。メンテナンスが煩雑で慣れが必要なのが難点です。
    ロードバイク用チューブラータイヤ →商品ページ
つぶやくつぶやく

QRcode:2796

つぶやくつぶやく

トラックバックURL:http://www.qbei.jp/info/bicycle-maintenance/2796/trackback

質問・コメント一覧

コメントはまだありません。質問大募集中です!

このページの先頭へ