HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

サイクルモードインターナショナル2013

投稿者:matsumoto

サイクルモードインターナショナル2013

Pocket
LINEで送る

スタッフ松本です。

 

サイクルモードインターナショナル2013に行ってまいりました。
前々日の木曜日から東京入りしておりましたので、10時からの開場には、余裕の出発。では、あったのですが。。。

 

JR京葉線に乗り、iPhoneのKindleで読書をしながら、揺られていると。。。
車内アナウンスが「西船橋駅」到着を伝える。。。

 

え?そんな駅通ったっけ?
と、調べてみると、どうやら、京葉線に乗ったつもりが、武蔵野線に乗っていた模様。不注意な田舎モンです。すんません。

 

不思議な名前の船橋法典駅で、反対向きの電車に乗り換え、無事、開場時間前に会場に到着。

 

サイクルモード2013入り口の行列

例年通りの長蛇の列は、相変わらずの自転車人気の証。(今年もメシ食っていけそう。by自転車屋)

招待券を忘れたことは、ちゃんと前日に気づいてたしっかり者(?)の私。
冷静にプロデューサーのT氏にTELして待つこと5分。
笑顔(めんどくさいオッサンやなぁ)と共に現れたT氏より、無事、販売店用招待券GET。そして、その長蛇の列に加わり入場!(T氏、ありがとうございます。)

 

サイクルモード2013自転車ブランドブース
海外ブランドを中心に、たくさんのブースが並んでおり、結構な盛況感。

 

先ずは当店で1番人気のBianchi(ビアンキ)
サイクルモード2013 Bianchi(ビアンキ)ブース

バイク本体でも、そうなのですが、黒基調にチェレステってカッコイイですよね?
当店でも人気のSempre(センプレ)や、Impulso(インプルーソ)をはじめ、フラッグシップモデルのOrtre(オルトレ)やInfinito(インフィニート)が展示されておりました。
写真は。。。すみません、忘れてたぁm(_ _)m
まあ、バイクの写真はショッピングサイトの方にたくさん掲載してますので、許して下さいませ。
でも、Bianchi(ビアンキ)ファンには嬉しいコイツはしっかりと写真撮ってきましたよ。
サイクルモード2013 Bianchi(ビアンキ)の腕時計
腕時計です。Bianchi(ビアンキ)ファンはもちろんですが、時計好きな方にも魅力的なデザインじゃないでしょうか?
限定生産で、予約枠の残りもごく僅かですので、欲しい方は「今すぐ」です。ストップウォッチ付きのクロノグラフもラインナップされており、今月、日本に入ってくる予定です。
Bianchi TIME PIECES

 

で、次も人気ブランドGios(ジオス)
サイクルモード2013 Gios(ジオス)ブース
ブースが黒いのは、フラッグシップモデルがGiosブルーじゃなくなったからか。。。
サイクルモード2013 Gios(ジオス)AERO LITE(エアロライト)
ボトルケージ1体型のエアロロードバイクGios AERO LITE(エアロライト)です。
マットブラック。。。と思ってたら、シート・チェーンステー、フロントフォークの裏側は、きちんとGiosブルーで、きちんとアイデンティティーは保たれております。

 

最新モデルも、もちろんなのですが、ショーならではの楽しみがこんなの。
サイクルモード2013 Ivan Qurarantaのバイク
Ivan Quarantaのレースバイク。なんかのステージレースで勝ってたなぁ…くらいの記憶だったのですが、1999年と2000年のジロ・デ・イタリアで、それぞれ2回ずつステージ優勝してるみたいです。
すみません、無知で。
でも、この頃のバイクって、四十路のおっさんには「自転車らしい」フォルムで見ていて落ち着きます。
フォークがMIZUNOってのも懐かしいなあ。

 

次は、そんな四十路以上のライダーには特別な思い入れがある、オランダのKOGA(コガ)
サイクルモード2013 KOGA(コガ)ブース
スキルシマノの活躍で不動の人気を得たKIMERA(キメラ)シリーズはもちろんですが、個人的にも嬉しいのがコチラ
サイクルモード2013 KOGA(コガ) Team-R

Shimano Tiagra(ティアグラ)を採用した完成車でTeam-Rです。
写真は2000年台前半の名車「Full Pro-Team」をイメージしたホワイトですが、ゴールドロゴの「KOGA-BLUE」もラインナップされます。ちょっと濃い目のブルーで、黒と組み合わせて抜群にカッコいいアレですよ。アレ。

 

ロードバイク以外にも、インフレ傾向だった、BD-1に追加された
サイクルモード2013 BD-1 Classic
BD-1 Classic(BD-1クラシック)は直線的なデザインで、流線的なデザインのモノコックフレームがイマイチ好きになれなかった方にはオススメ。
値段もお手頃。

 

パーツ・アクセサリーでも、たくさんのブランドがブース出展してました。
街乗りでの人気を反映してか、
サイクルモード2013 ORTLIEB(オルトリーブ)
防水バッグのORTLIEB(オルトリーブ)

 

サイクルモード2013 BELL(ベル)
競技・スポーツタイプは大胆にデザイン一新、街乗り用にも新しいモデルを追加してきたBELL(ベル)
などなど、とうてい紹介しきれないたくさんのブースに人だかりが出来ておりました。

 

本日、明日は東京の幕張メッセでの開催ですが、来週9日、10日にはインテックス大阪での開催。
少しですけど、入場招待券はきゅうべえsports/きゅうべえ下鴨店に来ていただければお渡し出来ます。(無くなったらスミマセン)

 

会場入口では
サイクルモード2013 キャンペーンチケット
こんなチケットが配られます。
これを持って、きゅうべえ各店にご来店頂き完成車(もしくはフレーム)をお買い上げ頂くと、本体価格5%分のパーツ・アクセサリーをプレゼント!是非、ご来店くださいませ!!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:matsumoto

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読