HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

夜の自転車歩き

投稿者:morita

夜の自転車歩き

Pocket
LINEで送る

こんにちは。スタッフ森田です。

つい先日、白梅町店勤務の日があり、銀閣寺近くの家から白梅町まで、40分くらいかけて自転車で行きました。

祝日ということもあって忙しく、7時の閉店後も、翌朝取りに来られる修理車や新車をみんなで仕上げたりで残業していました。店を閉めて帰路についたのは、もう9時をまわっていました。(※日・祝日以外は7時半閉店です)

朝の出勤時は、最速ルートということで今出川通りをまっすぐに走ってきたのですが、帰りはいつも違うルートで帰ります。白梅町店は一条通りのすぐ南にあって、その一条通をまっすぐ東へ15分ほど、堀川通まで行けば、ちょっと有名な「一条戻り橋」です。その近くには「安倍晴明神社」もあります。

一条通は狭い道で、車は一方通行です。西大路通から堀川通までは、いわゆる「大将軍」「西陣」といった地名が続きます。

「西陣」といえば、町屋かな。細い路地に沿って、格子の古い家や町工場、銭湯、小さな酒屋などが並んでいます。民家から漏れ出る明かりに、風情を感じたりします。お風呂道具を持っていって、帰りにこんな銭湯に立ち寄るのもいいなあって思いました。そして家に着いたら「風呂上りのビール」!

最近、MTBもロードも改造中で、ままちゃりで通勤してるのですが、ままちゃりの良さを再発見することしきりです。お風呂道具を積んでいけるのも、前カゴのついているままちゃりならではですよねー。おまけにゆったり乗り姿勢なので、あまり飛ばすこともなく、町並みをゆっくり見ていけます。

何軒ものそそる飲み屋さんに後ろ髪ひかれながら烏丸通まで来ると、その先は御所(京都御苑)。中に入って行くと、全部じゃりみちです。皇宮警察のパトカーさんの注目を浴びながら(夜だしね)、幕末に姉小路公知の殺された「猿が辻」まで行こうとぶらぶら走っていて、ふと後ろを振り返ったら、御所の森の上にぽっかりと、白くて明るい京都タワーが見えました。

今晩のビールはうまそうだなあ。

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:morita

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読