HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

キックバイク、盛り上がってます

投稿者:DJ GALAPA

キックバイク、盛り上がってます

Pocket
LINEで送る

こんにちは
DJがらぱです。

 

1月は行く、2月は逃げる、3月は去るといいますが、本当に年明けのこの3ヶ月はあっという間ですね。
日本は特に、年度末になるので、お忙しい方が多いのではないかと思います。

 

レースは今シクロクロス真っ盛り。
ちょうど2月2日、3日には世界選手権が今年はアメリカのルイビルで行われます。

 

日本からの代表戦手段もすでにルイビル入りしてコース試走などをしているという情報が入ってきています。時差14時間は結構厳しいですが(^^;)応援しましょう~

 

合わせて3日は関西シクロクロスの最終戦桂川。
会場でもルイビルと繋いで中継が入る予定ですよー

 

さてさて、そんなクロスシーズンの真っ只中ですがちょっとオトナの話ではなくキッズバイクのお話です。

 

キックバイク、最近さらにはやってきてますね。
ストライダーが有名ですが、各社からいわゆるペダルのない足で蹴って進む子供用のバイクがたくさん最近ラインナップされてきています。

 

かつてなら、ファーストバイクは三輪車、そのあとは16インチとかの小さな自転車を購入して、補助輪をつけたり、ペダルをはずしたりして、自転車の練習をしたかな?というところですが、最近ではこのキックバイクがファーストバイク、というお子さんも増えています。

 

自分の子供がもし今2歳とか3歳くらいだったら間違いなく買ってるかなぁと思います。

 

いいなと思うところはいろいろありますが、

●まず、軽い→お子さんが自分で取りまわせて、倒れても自分で起こせるというのは結構大事だと思います。そして、オトナが持ち運ぶにも片手でひょい、なので、気軽♪

●蹴って進んでいる間にバランス感覚がついている→補助輪だと、実は補助輪が設置していることに体を預けてしまっていることがあるそうです。それだと補助輪をはずしたときにイチからやりなおし、という感じになってしまうので補助輪ってあまり意味がないかも・・・?と言われたりもします。とにかくバランス感覚が身についてくれば、結構なアップダウンもキックバイクで行ってしまう子も多いです。

●ペダルがないので、足の蹴りのじゃまにならない→ペダルをわざわざはずして練習された、させた方も多くいらっしゃるかも?最初にバランス感覚を身に着けるときには、ペダルはかえって邪魔になりますよね。

●値段がお手ごろ→これは結構重要ポイントですよねー

 

などなど、いろいろいいところも挙げられますが、なによりお子さんがいつも一緒に連れて行きたいと思ったときにお子さんの手に余らない、ということが一番のポイントかなと思います。

 

最近はこのキックバイク専用のカテゴリーを設けて未就学児童にも参加してもらえるイベントも増えてきました。
関西シクロクロスでも小学生カテゴリーのあとに去年はゲリラ的にやっていたこのキックバイクのカテゴリーを今年はさらにパワーアップさせていますが、すごい盛り上がり♪

 

数十~数百メートルの直線を使ってのことが多いのですが、もしかしたら1日のうちで一番盛り上がっているかもしれない時間です(笑)

 

これからのファーストバイクはキックバイクがますます主流になりそう。
カラーもいろいろだったり木製のものがあったり、いろんな種類があるので、興味がある方はぜひ探してみてくださいねー
(写真は関西シクロクロスブログから転載しました)

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読