HOME / 

Bicycleインプレッション / 

GIOS:CANTARE に試乗しました。

投稿者:morita

GIOS:CANTARE に試乗しました。

Pocket
LINEで送る

こんにちは。スタッフ森田です。

今朝まだ蒸し暑さもまあまあなうちに、GIOS の CANTARE に乗ってうろうろしてきました。

カラーはジオスブルーで、このブランドのイメージカラーです。鴨川をバックに写真を撮ってみると、けっこう景色に映えてかっこいいです。

cantare-002.jpg

まず前後ともギアは軽めにして出発します。いちばん軽いギアなので、当然らくちんな漕ぎ出しです。加速しながらギアを重いほうに徐々にシフトしていき、スピードを上げたところで、今度はブレーキを軽くかけながらスピードを下げ、ギアも徐々に軽いほうへ戻していきます。

加速したり減速したりをしてみると、けっこう思ったとおりに動いてくれていることに気づきます。加速のためにペダルの踏みに力をかけても、すぐにスピードが上がってくれるし、ブレーキをかけても、急に減速したりびびったりすることなく、スムーズに減速してくれます。

頑丈な作りのフレームなので、加速しやすいのでしょうが、でも、特に高級グレードのパーツを駆動系に使っているでもなく、しかしちゃんとフレームの特性を活かせるだけの水準を持ったパーツが、駆動系に使用されていると感じます。

また、フレームが頑丈な分、またタイヤが細く高圧エアーのため、路面の振動が手やお尻に来ますが、手の方は大して気にならず、やわらかな感じの振動です。

cantare-005.jpg

軽い前傾姿勢で、どっかり座りさえしなければ、お尻の方もそんなに振動は気になりません。

ただスピード系バイクということで、しっかり漕げるよう、硬めで細身のサドルにはなっていますので、あまりスピードを出さない方で振動の気になる方は、厚めのサドルに変えてみるのもいいかと思います。

また変速システムは、フロントギアクランク以外はすべてシマノ製を使用しており、ストレスを感じずにスムーズに変速できます。フロントギアは一般的にどうしてもチェーン外れを起こしやすいのですが、念のためそれを防止するプロテクター小物もついていて、なかなか気のきくアッセンブルです。

 ママチャリやMTBを普段乗っている方で、軽い乗り味のもう1台をとお思いの方には、お手ごろ価格でお勧めの1品です。

早く走れて乗り味も軽く、待ち乗り自転車はこうでなくっちゃ。

 cantare-003.jpg

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:morita

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読