HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第49回★真夏の熱中症対策は万全に!

投稿者:DJ GALAPA

第49回★真夏の熱中症対策は万全に!

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。

梅雨って・・・明けたんですか?
なんだか雨の降り方も夏の雨って感じですね。
すでに家ではガンガンにエアコンがかかっているがらぱです。

といっても一旦レースの仕事に出ると、一日炎天下。
去年など、あるレースで自分のそばにある気温計が差したのが何と39度!!!という日もありました。

出ている方はもちろんですが、私たちスタッフのほうも、こうなるとコンディショニングがかなり厳しいのは事実です。

というわけで、夏本番を前に、今回は熱中症にならずに自転車に楽しむために、を考えてみたいと思います。

とにかく今、日本の夏で怖いのが熱中症。
ただ、暑くて顔が赤くなってちょっと汗が出すぎる感じでふらふらする、ってなナマヤサシイものではありません。
熱中症は命にかかわります。

よく「汗が出なくなったらやばい」といいますが、そこまでいってしまったらもう熱中症になっている状態。
楽しく自転車に乗るならば、そこまで放置してしまったら駄目です。

まずは事前の対策として、ウォーターローディングを常に意識しておくことが大切じゃないかなあと最近思います。
つまり、身体に適度な水分を常に保ってあげる努力をするということ。
方法としては、常に日常的に少しずつ、水分を取る努力をすることが大切です。
水分はがぶのみしてはいけないそうです。
少しずつ、少しずつ、胃腸の負担にならないように取ってやると、身体がうまく水分を吸収してくれて、適度な水分が身体に確保されるそうです。

これは特にお酒の好きな方は要注意のポイント!

というのも、お酒を身体で分解するためには大量の水分が必要だから。
なので、もし、サイクリングやレース前日にお酒を飲んだなら、分解に必要な水分は意識して多めにとっておかないと、すぐに脱水症状を起こしてしまいます。
さらにビールなどはがぶのみするのがおいしい!ために、お酒を飲んでいるときは普段以上に胃腸に負担がかかっています。
負担、というとピンときませんが、つまりは「胃腸が疲れている」状態なわけです。
疲れたカラダで頑張りすぎると倒れてしまいますよね。
胃腸が疲れている状態で、しかも、アルコールを分解するために身体じゅうの水分を使ったために軽い脱水を起こしている身体で、激しい運動をする、ということがどれだけ危険かは言うまでもなく、さらに炎天下で汗としてどんどん身体から水分が出てしまう状態は、脱水症状を助長しているということになるわけです。

多少の晩酌はもちろん楽しいものですが、翌日にスポーツをする場合は、ちゃんと水分を補給し、必要以上に胃腸に負担をかけない努力も大切。
そんなん水とか飲みながら酒飲んだら酒の味が悪なるやんけ、なんて言っていると突然倒れて救急車、なんてことも冗談ではないことは頭に入れておかないと、せっかくのサイクリングやレースが楽しくなくなってしまいます。

これはレースやサイクリング当日も同じこと。
走り終わったから、と水分補給の代わりにビール、なんてやってると、危ないですよ。

そして、水分を補給するときは、合わせて塩分を意識して取ることも大事。
なんてったって汗の中には塩分、ミネラルがたくさん含まれているわけですから、それがどんどん出て行くのに水だけ取っていたのでは、身体の塩分濃度、ミネラルバランスが崩れてしまいます。
具体的にはそうなると・・・足が攣る!!!!なんてことに。
スポーツドリンクを薄めたものを常に補給するのも手ですが、サイクリングなどでは持っている水をかぶるために使うこともあるため、水と、それから小さな容器に入れた「塩」を持っておくのがオススメ。
しかも塩は「粗塩」のほうがなおよし。

これをこまめに少しずつぺろり、となめるわけです。

梅酢なんかもいいですよ。
お寿司についてくるおしょうゆの容器に梅酢をいれて持っておくと便利です。

とにかく日差しを避けること、日焼けをできるだけしないこと、は基本ですが、とにかくこういう季節は内臓に負担がかかりやすいので、なるべく補給は少しずつ、が一番のポイントじゃないかな~と思います。

あと、実は夏のレースで救護に来られる方は選手より応援のみなさんが多くなることが多いのをご存知ですか?
選手は結構自分の体調管理に気をつけている方も多いのですが、観戦に来られた方(特に小さなお子さん!)は、ついつい暑い中ずっと補給もせずにいてしまうことが多いです。
真夏のレースで倒れるのは、選手より実は応援の方のほうが多い、という事実を知っていただいて、ご家族やお知り合いが応援に来られる方は、自分の体調管理はもちろんですが、応援のみなさんへのアドバイスもぜひしてあげてください!

真夏の自転車ってうまく付き合えばとっても楽しいものです。
体調万全でこの夏も楽しみましょう~!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読