HOME / 

商品紹介 / 

GT(ジーティー)2009年モデル

投稿者:matsumoto

GT(ジーティー)2009年モデル

Pocket
LINEで送る

スタッフ松本です。

本日(6/25)、大阪にてGT(ジーティー)2009年モデルの展示会がありました。
BMXからスタートしたアメリカンな雰囲気満載の魅力的なモデル多数のラインナップです。
トリプルトライアングルのフレームはGTならではのフレームワークでハードなライディングに応えるスパルタンなバイクが勢ぞろい。
今回はLifeStyleBikeと呼ばれるエントリー~ミドルグレードが中心の発表です。
2009年モデルの発表としては早い時期(通常は秋頃なのですが...)ですので、この記事に掲載の価格・仕様は暫定で変更の可能性があるということですので、そのあたりはご理解いただきますようお願いいたします。
価格・仕様共に昨今の原油高、金属材高騰の影響が大きく出ているということですので、ご了承ください。

Avalanche3.0Disc(アバランチェ3.0ディスク)
GT(ジーティー)Avalanche3.0Disc(アバランチェ3.0ディスク)GT(ジーティー)Avalanche3.0Disc(アバランチェ3.0ディスク)

お求め易い価格のエントリーグレードのMTB(マウンテンバイク)ながら、
GT(ジーティー)Avalanche3.0Disc(アバランチェ3.0ディスク)強度アップの為にオーバーサイズ化されたヘッドチューブ
GT(ジーティー)Avalanche3.0Disc(アバランチェ3.0ディスク)前後にDiscブレーキを搭載し、人気の高いモデルです。

GTR Series4
GT(ジーティー)GTR Series4(GTRシリーズ4)GT(ジーティー)GTR Series4(GTRシリーズ4)

オフロードバイクのイメージが強いGTですがしっかりとロードバイクもラインナップしております。
ロードバイクとしては破格の¥83,790-(税込み)で、ShimanoSORAミックスコンポーネントを採用し、クランク(フロントギア)もコンパクトタイプで、軽めのギア比で、ロードバイクにチャレンジしてみたい初心者にも嬉しいモデルです。
GT(ジーティー)GTR Series4(GTRシリーズ4)バックステーも乗り味を考慮しベンドしたパイプを採用し、手抜き無のフレームですね。

Compe(コンペ)
GT(ジーティー)Compe(コンペ)

GTといえば、BMXから始まったブランド。そのGTのフリースタイルモデルの中でも人気なのがこのCompe。
GT(ジーティー)Compe(コンペ)GT(ジーティー)Compe(コンペ)GT(ジーティー)Compe(コンペ)
シンプルなデザインのフレームに、ヘッドチューブ・サドルに配したロゴがイイですね。

Chucker3.0(チャッカー3.0)
GT(ジーティー)Chucker3.0(チャッカー3.0)GT(ジーティー)Chucker3.0(チャッカー3.0)

GTの力強いイメージをストレートに表現したChuckerシーリーズ。
ファットなタイヤと頑強なフレームが魅力。アップライトなポジションとファットタイヤがもたらすクッション性のよさは、街をクルージングするのにもイイですね。
GT(ジーティー)Chucker3.0(チャッカー3.0)グラフィックもやる気(何を?)です!!

Transeo4.0(トランセオ4.0)
GT(ジーティー)Transeo4.0(トランセオ4.0)
快適に街乗りしてもらえる、フロントサスペンション搭載のクロスバイク。

ハイドロフォーミングで凝ったデザインのアルミフレームに
GT(ジーティー)Transeo4.0(トランセオ4.0)ブロックパターンのタイヤを装着しちょっとした未舗装の走行も安心。
通勤ライドにオススメな一台です。

冒頭にも申し上げましたが、上記に関しましては、2008年6月25日時点での先行情報となり、仕様・価格の変更の可能性もございますので、ご了承いただきますようお願いいたします。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:matsumoto

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読