HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第43回★1000人集まる公道レース!

投稿者:DJ GALAPA

第43回★1000人集まる公道レース!

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです!

だんだん梅雨の足音が近づいているのでしょうか?雨がちょこちょこ降るようになったなーという感じですね。

今年、2008年の4月、5月はオリンピックイヤーということもありとても緊張感のあるレースが連続しています。
アジア選手権、ツールド熊野、TOJ。
そして、今週末5月31日と6月1日は、広島で全日本選手権が行われます。
全日本選手権は6月1日。31日には、ジュニアとU23のレースがあり、1日に全日本女子、男子のレースということで、私は二日間広島森林公園で実況をさせていただきます。

これでオリンピック選考は大詰め。

応援する私まで緊張します。

そんな緊張感みなぎるレースが行われるかたわらで、ホビーレースも花盛り。
つい先日の日曜日、25日にもそんなレースが京都で行われました。
その名は「美山ロード」。
かやぶきの屋根で有名な美山の町の中を、公道を、交通規制してロードレースが行われました。

この時期の毎年の風物詩。開催の歴史は実に20年以上。
ロードレースファンには楽しみなレースなのです。

毎年たくさんの方がこの美山に集うのですが、今年は

何と何と!!!

1000人のエントリー!

関西をはじめ、各地から美山ファンのみなさんが何と1000人もいらっしゃったのです。
そりゃもう、レースの光景は圧巻!
最初はぱらついていた雨も、徐々にやみ、とても素晴らしい一日になりました。

この美山には「九鬼ヶ坂」という有名な峠があり、ここで毎年様々なドラマが生まれます。アップダウンの激しい10キロ余りのコースは景色もすばらしくて、走っていてしんどいけど楽しい、と参加者のみなさん。

応援のために峠の上にシャトルバスも走り、今回冠スポンサーだった「MBK」からはキャラバンカーも出てまるでヨーロッパのレースのよう。
そう。ロードレースはだんだんと「見ても楽しめる」ように様々な工夫がなされてきているのです。

実況ももちろんその一つ。

峠の上にもちゃんと実況は聞こえるようにセッティング。

出来るだけ見えないところのドラマも届けられるように、様々な秘密兵器?を駆使するのです。

もし「ちょっとロードレースを見てみようかな?」って思った方がいらっしゃったら是非是非、一度近くで開催されているレースに足を運んでみてください。
見ているだけでもとても楽しくてエキサイティングな時間が過ごせますよ(^^)

これからこのブログでも、少しずつ「レース、ここを見たらおもしろい!」っていう話、さらにどんどんしていきますのでお楽しみに!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読