HOME / 

トライアスリート山本良介 全力疾走 / 

第60回☆強い体作りを支えてくれるサプリメントとプロテイン。

投稿者:山本 良介

第60回☆強い体作りを支えてくれるサプリメントとプロテイン。

Pocket
LINEで送る

みなさん、こんにちは。
暖かすぎる秋も終わりを告げて、一気に冬の匂いを感じる気候になってきましたね。
つい先日までは晴れれば、アームウォーマーもレッグウォーマーも着用せずに半袖ジャージにノーマルレーパンでトレーニングにも行けていました。
11月上旬にこのスタイルで走れるなんて、、、なんて驚きのような戸惑いのような、でもトレーニングする側としては嬉しい限りでした。

さて今月中旬に沖縄にてチーム合宿、16日~21日まで今シーズンの最終戦が開催されるニュージーランドはオークランドに遠征してきました。
合宿では天気はそこそこでしたが、温暖な気候で乗り込むことができました。
沖縄本島で合宿を行う場合はバイクコースが充実している北部を拠点にいつも合宿をしています。
沖縄ではまだウェットスーツ無しでも海で泳げたので普段はできないトレーニングもできました。
今回は初めてペンションでの宿泊でしたが、海の目の前にアウトドアのジャグジーがあり練習後に夕日を眺めながらジャグジーに入れ、最高のロケーションの中で疲れた体を癒してくれました。
合宿中には市民レースの一大イベント、ツールド沖縄にも参戦しました。
過去に50kmの部には出場したことはあるのですが、今回は初めて最高峰の210kmの部にエントリーできました。
210kmの部は毎年大人気でエントリー開始から数日で締め切りとなってしまうのでなかなかエントリーできずでしたが、今年は早い段階で前後に合宿を計画していたのですぐにエントリーしました。
ただ練習では200km以上というのは何回も乗っていますが、レースでは初めてなので給水、補食の取り方等、新しい経験をできました。
ツールド沖縄の一週間後に本職のトライアスロンのレースがあったので無理ない範囲で完走を目指しましたがそれでもかなりタフなレースになり疲労度合いも大きかったです。
素晴らしいコースで走れた事を楽しめたところが半分、ハイレベルなレースでクタクタになったのが半分といったところが感想です。
でもロケーション、雰囲気、レース全体において素晴らしい大会でした。

さて、今回の本題の`サプリメントとプロテイン`のお話を。
サプリメントやプロテインは本格的にトレーニングをされている方は既に摂取されている方が多いかと思います。
どのような目的で摂取しているかは人により違うかと思いますが、僕の場合、サプリメントは3回の食事では取りきれない栄養分を補う為に、プロテインはトレーニングで壊れた筋肉を早期回復させてより強い筋肉を生成して次のトレーニングに取り組む為に。という目的で摂取しています。
トライアスロンは持久系スポーツ。
この競技のトレーニングを行っていく中で大切だと感じているキーポイントは「疲労回復」と「エネルギー補給」です。
ベーストレーニング期には1日約8時間前後はトレーニングを行います。
このトレーニングを継続して取り組む為には「早期疲労回復」が重要なキーワードと言えるでしょう。
その「早期疲労回復」の為に食事では補いきれないエネルギーや栄養分をサプリメントやプロテインを摂取して補います。
また、サプリメントとプロテインを摂取するにあたって大切だと思っていることは、「どのタイミングで何を摂取するのか?」です。
なんとなく良さそうだから良さそうなものを適当に摂取するのではなく、「何を目指して、何の為に摂取するのか?」など、目的を明確にして的確に摂取することをお勧めします。
10年前からサプリメント&プロテインを摂取し始めましたが、今となっては睡眠や食事を摂ると同じようにサプリメント&プロテインを摂るということは当たり前のように生活の一部となっています。
僕は目的に応じて数種類のサプリメントとプロテインを摂取していますが、それぞれのサプリメント、プロテインの紹介とその目的を紹介させてもらいますね。

まずはプロテインから。
「ウェイトアップ」

SAVAS(ザバス) WEIGHT UP(ウェイトアップ)とSAVAS(サバス) COLLAGEN POWDER(コラーゲンパウダー)

ネーミングからすると`大きなカラダ作り`という目的になりますが、僕の場合はトレーニングによりダメージを受けた筋肉を、上質なタンパク質`ウェイトアップ`を摂取して早期回復させる。
翌日に疲労を残さずにまたハードなトレーニングに取り組めるようにする。
ということが`ウェイトアップを摂取している`第一目的です。
摂取するタイミングはトレーニング直後。(トレーニング後30分以内)
トレーニング強度によりスプーン2~3杯を100%オレンジジュース200~300mlに溶かして摂取しています。
(糖質が配合されたプロテイン・ウェイトアップを100%果汁ジュースで摂取)
ウェイトアップはバナナ味で飲み易いですし、オレンジジュースとの相性もGOODです。
僕の場合はここにコラーゲンパウダー1杯を一緒に混ぜて飲んでいます。
コラーゲンパウダーを摂取する目的は故障予防です。
コラーゲンパウダーはタンパク質の一種ですが、骨格などの材料となってくれ節々を滑らかに といったところでしょうか。
ハードワークで疲労した筋肉を早期回復させて、故障をしない、より強い筋肉を作り上げていきます。

今回はここまで。
次回はサプリメント編にさせてもらいますね。

自転車もトライアスロンも2011レースシーズンは終了しましたが、これからは来年に向けた大切なオフトレーニング期間が始まります。
寒い時期にコツコツと努力した人が、次のシーズンでは力を発揮します。
まずは目標をしっかりと決めて、取り組んでいきましょう!

ではまた次回お会いしましょ~

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:山本 良介

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読