HOME / 

Bicycleインプレッション / 

ANCHOR(アンカー)RA5 EX試乗記

投稿者:admin

ANCHOR(アンカー)RA5 EX試乗記

Pocket
LINEで送る

スタッフの田中です。

今回は、ブリジストン、アンカー(ANCHOR)RA5 EXを試乗いたしましたので、ご報告です。!!

シートステーまでアルミ製のフレーム、かなりスパルタンな乗り味を想像していたのですが、走り出してみると思いのほかコンフォート???イメージしていたよりマイルドな乗り心地。(なぜマイルドなのかは後ほど説明いたします。)

軽めのギアに入れて思いっきりクランクをまわしてみますと、かなり鋭い出足!反応のよさは、さすがフルアルミフレーム!!やはりツワモノです。脚さえあれば、すばらしい加速を楽しめるでしょう。

近所の丘を登ってみても、シッティングでくるくる回している限りいい感じの反応です。・・・でも・・・ダンシングで登坂してみますと、この自転車の本性に気付かされます。  ボトムブラケット、ほとんど動いてくれません!!なので・・・私のひ弱な脚と未熟なペダリングでは、即効で脚が売り切れてしまいます。(これは乗り手の問題なので、自転車に問題があるわけではありません。)

正しいペダリングスキルと強靭な脚を獲得するためには、最高の道具になるので、これからレースを始めようと考えている若い人にお薦めののフレームです!!

これだけ高剛性のフレームなのに、なぜ、マイルドな乗り味なのか???  しなやかなカーボンフォーク×コンフォートなホイール×サドルのアッセンブルによって、バランスをとっているようです。さすがブリジストン!

剛性の高いフレームに、しなやかなフォークの組み合わせ・・・もう想像がついている方がほとんどだと思いますが、ダウンヒルにはちょっぴりテクが必要かもしれません。

アッセンブルされているシマノのホイールは、廉価版でもブレーキのフィーリングがとてもよろしいです。よく効くブレーキは思いっきり走るための必須条件ですね!

この堅牢な自転車で走りこんで、体力つけて、テクも身に着けて、レース参加時には、キシリュームエリートクラスの完組ホイールに履き替えて走る。コストパフォーマンスの高い、賢い選択だと思います。

以上、ANCHOR(アンカー)RA5 EXの試乗記でした。

RA5はこの上のグレード(SPORTとEQUIPE)になると、ステムサイズ、ハンドル幅、カラーオーダーも可能です。興味のある方は、店頭でご相談ください。

 

 

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:admin

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読