HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第36回★アジア選手権がいよいよ始まりました!

投稿者:DJ GALAPA

第36回★アジア選手権がいよいよ始まりました!

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです!

今週は私は奈良県にいます。
10日から始まったアジア選手権のためです。
10日から13日まではトラックレース。そして15日から17日まではロードレース(タイムトライアルもあり)が行われます。

特にロードレースはオリンピックの代表選考もかねているため、非常に注目されているようです。

「アジア選手権」という名前のとおり、参加国はアジア諸国。

普段あまり見たことのない国旗がたくさんはためいています。

そんな中でもやはり気合の入り方がひときわ目をひくのが韓国。
そして中国。

さらにカザフスタンなども非常に強豪です。

いつもと違い、普段は発音しないような音の並びの名前が続くため、実況も非常に大変!
国名も名前も、うっかりすると、舌が結ばってしまいそう(笑)

しかも10日の日が天気予報どおりの激しい雨が午後から降ってきて、競技スケジュールが途中で中止になってしまいました。
そのため11日からのスケジュールが非常にタイトになってしまっていて、今、アタマの中がごちゃごちゃぐちゃぐちゃ!

どうなっていくのか、非常に不安ではありますが、同時にとてもワクワクしています。

ところで、トラック競技の種目の中で、今回日本で始めて行われた競技がひとつあります。
それが「オムニアム」という競技。
日本の競技規則の中には昨年から取り入れられた日本ではまだまだなじみのない種目です。
これは、陸上でいうと十種競技みたいなもの。
通常行われている競技の中で、200mタイムトライアル、スクラッチ、個人追い抜き、ポイントレース、1kmタイムトライアルの5つの競技を一日でやってしまうもなので、選手はそれぞれの種目での戦い方を細かく考えながら、得意な種目で勝ちにいくというような複雑な作戦と駆け引きが見所です。

これからトラック競技のおもしろさがさらにさらに伝わっていくように、種目などもちょこちょこご紹介していけたらなあと思っています。

トラック競技は街中で乗るのもはやっている「ピスト」と呼ばれるシングルギアの非常にシンプルな自転車を使用します。その分、種目は非常に多彩で、ルールさえわかっていればずっと目の前で競技が展開していくのでとても楽しめます。
目の前で時速60キロ近い選手の走りを見ると圧巻!ですよ!!

お近くでトラック競技を見る機会があったらぜひ足を運んでみてください。

そうか、ピストレーサーってこんなふうに競技で使用するんだ!って感動すること請け合いです(^^)

さて、来週はロードレースの模様をお伝えできると思います。
お楽しみに!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読