HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第34回★高校選抜大会、関西勢大活躍!

投稿者:DJ GALAPA

第34回★高校選抜大会、関西勢大活躍!

Pocket
LINEで送る

こんにちは!DJがらぱです!

先週九州からの更新でお送りしたとおり、20~23日の日程で高校選抜大会がありました。
開催場所は北九州。
昨年からお手伝いしている大会です。

やはり野球と一緒で、高校は3年しかありませんから、2~3年ごとに世代交代があります。
そのときそのときでその世代を代表する選手が現れ、そして世代交代が行われます。

昨年までは奈良の吉田隼人選手の時代といっても過言ではなかった時代が数年続きましたが、吉田選手もとうとう大学生。
今では日本を代表する選手として、海外でのレースなどにも出場し、ジャパンの顔になりつつあります。

そんな中行われた今年の選抜大会。
新しいヒーロー、そしてヒロインが現れてきた、そんな世代交代を感じさせる大会となりました。

なんといっても注目は、昨年インターハイと国体で1年生ながら4キロ速度競争で見事優勝した奈良の(吉田選手と同じ高校である)榛生昇陽高校に通う元砂勇雪(ゆう)選手。
選抜大会でもその見事な走りでポイントレースと個人ロードレース両方で優勝を飾りました。
今年はアジア選手権もあるため、その出場選手の選考レースもかねていた大舞台で素晴らしい走り。これから大注目の選手です。

京都の選手も頑張りました。

北桑田高校の大中巧基選手は強化指定選手らしい素晴らしい走り。そして向陽高校の窓場千加頼選手はスプリントで惜しくも敗れはしたものの回りをうならせる粘りで高い評価を受けていました。ちなみに窓場選手は現役の京都の競輪選手、窓場加乃敏選手の息子さん。これからどんどん伸びていくことが期待されます。

女子では、兵庫の県立西宮の前田佳代乃選手が500mタイムトライアルで38秒台をたたき出し、見事に大会新記録!

関西の選手たち、大活躍でした!

高校生の大会というのはどうしても家族の応援が中心となりますが、観戦してみると、その初々しい走りとそしてその中から出てくる素晴らしい原石の走りに感動することがたくさんあります。
もし近くで高校生の大会などがあれば是非一度ご覧くださいね!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読