HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第33回★九州小倉に来ています!

投稿者:DJ GALAPA

第33回★九州小倉に来ています!

Pocket
LINEで送る

小倉こんにちは!DJがらぱです!

私は今、九州の小倉に来ています。
3月20日から23日までの4日間、北九州市において行われる高校選抜大会のためです。

20日から22日までは小倉のメディアドームでトラック競技、そして23日はロードです。

この小倉は競輪発祥の地。
以前の小倉競輪場はメディアドームとして多目的に使用することもできる全天候型のドーム競技場になっています。
ここはバンクがちょうど二階部分にあり、アリーナを見下ろす形になっていることも特徴の一つ。
初めて来たのは去年でしたが、ドームの大きさとまるで空中を走っているかのようなレイアウトのバンクにびっくりしたのを覚えています。

ドームのため、天候に左右されず、記録も期待されます。
実際昨年は女子の2キロメートル個人追い抜きで日本ジュニア記録もこの選抜大会で出ています。

今日は開会式と個人追い抜きの予選が行われ、本格的な競技開始は明日21日からですが、今日の個人追い抜きもかなりすばらしい走りばかりでした。

今日、男子で予選2位のタイムをたたき出したのは京都の北桑田高校の大中選手。
何と自己記録を5秒も更新したそうです。

選抜大会という高校生にとってとても特別で大切な試合、その本番で自分の実力を、あるいはそれ以上の力をいかんなく発揮できるというのは素晴らしいですね。

決勝も楽しみです。

トラック競技のおもしろさは何と言っても走りのすべてを観客席から見ることができることにあります。
確かにルールのややこしいものもありますが、ロードレースに比べると、選手がずっと見えていて、競り合っているところや、素晴らしいスピードで走っているところがずっと見えているのがとにかく魅力。

最初はわからないなりでも見ているととても迫力があり、のめりこむこと請け合いです。

いわゆる「競輪」とは違い、様々な種類の競技があり、戦い方も様々。
いわばトラック競技はトランプのようなものです。
使う自転車はシングルギアでブレーキすらない、最近結構はやったことで浸透した感のあるピストレーサーを使用するので、ギアチェンジもないし、止まることもできません。そんなトランプのようにシンプルな自転車を使用して、様々なルールの遊び方をするとなんとも複雑なおもしろさが出てくるのです。

今年は4月に奈良でアジア選手権も行われます。

一度もトラックレースを見たことのない方も、ぜひ一度バンクへ足を運んでみてください!
ゼッタイおもしろいと思いますよ(^^)

ロードレースも滅茶苦茶面白いですが、トラックレースも魅力たっぷり。
機会があればぜひナマで見て欲しいです!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読