HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第170回★安全確保を

投稿者:DJ GALAPA

第170回★安全確保を

Pocket
LINEで送る

3月11日、東北地方を中心に広い範囲で未曾有の大地震。

阪神大震災を思い出しました。

私の住む美山では全く揺れることもなかったのですが、関西でも随分揺れたところがあったようです。

ライフラインに加え、交通機関がストップし、自転車で帰宅しようとする方たちも多いとツイッターなどで情報があります。
こういう時に頼りになるのは自分の力のみとなり、どれだけ自分の安全を自分で確保し、確実な情報を常に得ることができるかが大切になると痛感します。

混乱した状態で自転車で走る時は、車が突然突っ込んできたり、建物が倒壊したりなど、予測もできない事態がおきかねません。
路上にたくさんの瓦礫やゴミがある場合は自転車ですら走行が困難になったり、走れたとしても、パンクなどのアクシデントも起こりえます。

慌てて移動しようとせず、もし自転車で移動する場合は、できる限りの安全確保をして、無理をしないようにしてくださいね。

ヘルメット、グローブは大事です。
東京では(もちろん真偽を確かめることは出来ませんが)自転車がとてもたくさん売れはじめている、という話もありました。

レースの時にいつもお願いする注意事項がこういうときはまるごと当てはまると思いますので、ここでご紹介したいと思います。

・安全装備は必ず着用
・「急」のつく行動をしない(急ブレーキ、急ハンドルなど)
・斜めに走ったりせず、前方をしっかりと確認し、できるだけまっすぐ走行ラインをとる
・追い越す場合などは必ず声をかけ、無理な追い越しはしない。
・万が一転倒してしまったりアクシデントで止まってしまった場合は動けるのであればすみやかに脇によけ、二次的なアクシデントが起こらないように注意する

どうしても移動しなければならない場合、自転車を使われる方はご自身の安全確保を万全にして、無理のないようにしてください。

被害の大きかった地域のみなさんの安全と、一日も早い復旧を心よりお祈りします。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読