HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第168回★気軽に乗ってフィットネス

投稿者:DJ GALAPA

第168回★気軽に乗ってフィットネス

Pocket
LINEで送る

ようやくドカっと積もった雪もとけて、昼間は一気に春の匂いがする美山から、DJがらぱです。

朝は霜が降りてるんですけれど、昼間は本当にあったかい。
まだまだ寒くなることもあるのでしょうけれど、春はもうすぐそこですね。

そろそろ冬の間なかなか寒くて自転車にも乗れなかった方たちもむずむずしてくるのではないでしょうか?
私もモチロンその一人。

年が明けてからは雪のせいもあってローラーにしか乗れてませんが、それでもちょっと自転車にまたがると気持ちがリフレッシュします。

とはいえ、しばらくぶりに乗る自転車。なんだかたくさん乗らないといけないような、長距離乗ったりガシガシ乗ったりしないとフィットネス効果もないような気になっていませんか?
ちょっと冬の間に溜め込んでしまったモノをすっきりさせたいと思うとついつい頑張らなきゃいけないと思いがち(私も)ですよね。

でも、そんなに頑張ってしまうと、1日だけなら出来ても続かなくってまた逆に溜め込んでしまったり・・・

経験ある方も多いのでは・・・?(なんて言ってる私もその一人・・・苦笑)

それでは逆効果。
せっかくの楽しいライドも楽しさ半減してしまいます。

もちろん、バリバリ頑張りたい、頑張れる方はいいですが、なかなかそうはなれないのも現実。
でも、実はフィットネスってそんなに無理して頑張らなくてもいいらしいですよ。

よく有酸素運動を長時間しないと代謝はよくならない、たまった脂肪は使わない、なんていいますが、これ、いっぺんにやらなくってもいいそうで。

つまり、1時間とか2時間とか100kmとか頑張ってガシガシ走らなくっても、30分くらい朝ライド(通勤などでももちろん)して、昼にちょっと歩いてランチに行って、夕方家に帰るためにでもちょっとライドして、その流れでちょっと遠回りしてサイクリング、なんて感じで1日トータルである程度の時間乗ることができればそれでも身体の代謝は向上してくれるらしいのです。

日常の隙間に少しずつ、なら普通に乗れそうですよね。

かえって長時間頑張ってしまうことで疲れてゆがんだ姿勢で無理なチカラをかけてしまったりするとひざに負担をかけたり腰に負担をかけたりすることも。
だったらキレイなフォームで乗る時間が1日に数回あるほうが身体にもやさしいですね。

乗るときにはあまり重たいギアでガシガシ踏むのではなく、軽めのギアで回転を落とさないように常にペダルを回すイメージで乗るとよいようです。
上りに入ってもぐん、ぐん、と踏んでしまうのではなく、軽いギアでくるくると回して登る感じ。
もちろんギアが軽ければそれだけあまりスピードは出ないので、平地と同じスピードで走ろうとするとかえってしんどいですが、踏んでしまわないチカラ加減で回転をキープしてスピードは気にしない、という走り方を守れば上りも楽しくなってくるはず。
逆に下りはあまりスピードを出しすぎると危ないので、押さえ気味を意識しなければいけません。

もちろんちょっとだけ乗るときでもヘルメットやグローブはお忘れなく!

ヘッドフォンでの音楽も厳禁です。

目安は、周りの状況や音が自分の知覚(耳や目や鼻)に届く強度。
周りの景色が目に入らなくなったりクルマの音が聞こえなくなったりしたら危険です。
少しずつ、気楽に、春の訪れとともにそんな自転車の付き合い方をしてみませんか?

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読