HOME / 

自転車メンテナンス / 

<自転車メンテナンス>サドルの高さ調整

投稿者:mechanic

<自転車メンテナンス>サドルの高さ調整

Pocket
LINEで送る

サドルの高さを変える

  • レバータイプのシートクランプ
  • レバータイプのシートクランプ
    レバータイプのシートクランプはクイックリリースと同じ方法でサドルを固定します。レバーを倒す/起こすだけでサドルの固定・解放ができるので調整が楽です。サドルが上下しないようレバーの反対側についているボルトで締め付け具合を調整します。

  • アーレンキータイプのシートクランプ
  • アーレンキータイプのシートクランプ
    アーレンキータイプのシートクランプは締めたり緩めたりするためにアーレンキー(六角レンチ)が必要です。ネジを緩めることでサドルの高さを動かすことができます。

適切なサドルの高さ

サドルの適切な高さ

サドルに座ってペダルにかかとを乗せます。このとき膝が曲がるか曲がらないかくらいの高さにサドルを合わせます。 また、シートポスト(車体に差し込む棒の部分)には限界線とよばれる線が印されています。この線より上でサドルの高さを調整・固定するようにしてください。

シートポストの限界線

カーボンシートポスト

カーボンシートポストの取付

この記事を参考にして、慎重に取り付けてください。強く締めつけすぎると破損の原因になります。この記事は2009/04/05に改定されました

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:mechanic

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読