HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第158回★わんこ物語

投稿者:DJ GALAPA

第158回★わんこ物語

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。
一日一日寒くなって冬になりますね。
お風邪など引いてらっしゃいませんか?

私はつい昨日、とても唐突に2匹目の犬を飼うことになって子犬が我が家にやってきたため、てんやわんやな状態です(苦笑)
突然って何やねん、と言われそうですが、本当におとといまで子犬を迎えるなんて想像だにしていなかったのだから唐突としか言えないので。
うちにはもう10歳になる先住わんこがいるのでなかなか年の差もあるし、この先住わんこがちょっと難しい性格なので苦労するだろうなとは思ったのですが。。。

かわいさと子供たちの気持ちが子犬を迎える方向になってしまいました(^^;)

自転車ネタじゃないのか!といわれそうですが、この先住わんこ、自転車ネタなんです。
というのも今をさかのぼること10年前、当然まだ京都市内に住んでいた頃、私の旦那さまが「ちょっと雲ヶ畑まで走ってくるわー」と自転車に乗りに行って、帰ってきたらジャージの背中のポッケにへその緒がまだついたわんこが入っていて・・・それが今のその先住わんこ、ぷーなんです。

おそらく猟に同行したりしていたわんこが親で、望まない子供だったために捨てられたのではないか、と思われるような状態だったそう。
雑種ですが柴の血が混じっていて、さらに足が長く、すらりとしていてとても縄張り意識の強い子です。

このわんこが唐突にうちにやってきてから我が家の犬ライフが始まったわけですが、それからかれこれ10年。
子供たちの誕生の合間にやってきたこともあって、家族のというより子供たちとともに成長してきた感じでしたが、幼心に捨てられたトラウマがあるのか、とにかく人見知りと犬見知りが激しく、縄張り意識も強いので家族以外の人間が家にやってくると間違いなくすごい勢いで吠えて、ヒステリーというかパニックを起こします。

防犯にはもってこいのわんこですが、なかなか家族以外の誰にも打ち解けないので「友達を作ってあげたいなあ」という気持ちがあったのも事実。

そんな思いをずっと抱いていたこともあって今回子犬を迎えることになったのですが・・・。

いやー。子犬来て2日目。
なかなか大変です(笑)

まずやはり、ぷーがこの子犬を認めないので、一緒になんか出来ません。
チチくさい子犬に対してはたいがい攻撃しない、とはいうものの、吠えまくって威嚇するので万が一があるといけないため、とりあえずケージに子犬を入れています。
そしてこの子犬もまた素晴らしく甘ったれでケージに入れてると寝落ちしている時以外はずっとキャンキャン言ってるという始末。

かたや先住わんこが縄張り意識からか威嚇し吠えまくり、やってきた赤ちゃんわんこが甘えてキャンキャン鳴きまくる。

美山に引っ越してよかったです(笑)
都会の家が密集している場所じゃこのうるささはまずいです(^^;)

そのうちまあ、なんとかなるかな、と楽観しつつ、大騒ぎに頭が痛いがらぱです。

自転車で走ってると結構動物に出くわしますが、犬、しかも子犬なんかと出会ったなんてことは結構サプライズな感じなのかなー。

ま、何はともあれ、うまく丸く収まって欲しいなあと思うのでした。

あれ、やっぱ自転車ネタとはいえないかも。
また今週はナイターレースとクロスがあるので来週はそのあたりをお届けします!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読