HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第152回★国体は独特な大会

投稿者:DJ GALAPA

第152回★国体は独特な大会

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです!

怒涛、というのはきっとこういうことを言うのかな、という9月があっという間に過ぎ去ってしまいました。
ホントに家にいなかったです。

先週はずっと千葉にいました。
国体です。

ロードは南房総
トラックは松戸、と、場所だけでいえば千葉の一番はじっこ同士、という場所にて行われました。
国体は「都道府県の代表」が出場しますので、普段ロードレースファンの方ならなじみの「チーム」という単位ではなく、しかも選手は各都道府県代表のユニフォームを着用しますので、結構ガッツリファンの方ほど「え?」と戸惑ったりすることもあるのですが、そこは各代表ユニフォームを覚えると、また違った楽しみ楽しさが出てくるのが国体の魅力です。

この代表ユニフォーム。今例えばジャパンのユニフォームは日の丸のカラーと同様に白と赤の2色ですが、都道府県代表のユニフォームもそれぞれ趣向を凝らしていてすごい楽しいですよ。
例えば静岡だと、お茶の緑をベースにみかんの色オレンジのラインが入っていたり、広島はもみじのデザインが散らしてあったり。

そんな特産物以外にも、文字をどーんと入れてみたり、というところも。
どっちかというと京都もその系で、ブルーと白の爽やかなカラーリングに中央にKYOTOの文字。
これはこれでわかりやすくっていいです。

応援も、お気に入りの選手を応援する方もいれば、とにかく自分の県を応援する、という方もあったり(特に地元の方は、国体だから、と見に来られる方も多く、とにかく地元開催県を応援されます)、応援も様々。
地元小学生が割れんばかりの拍手や声援を地元選手に送る姿は結構感動します。

今年は残念ながら雨に結構泣かされたのですが、それでもスタンドは連日満員御礼状態。
あまりの声援の大きさに私も自分の喋る声が聞こえないくらい。
そういう意味ではなかなかハードでしたが(笑)楽しかったです。

そうこうして帰ってきて束の間のんびりツイッターでも、とふとタイムライン(書き込み)を見ると、世界選手権がすごいことになってる!
新城幸也選手が世界で9位!
全員完走でもすごいねって話題になるところがこの素晴らしい走りには文字情報だけでも興奮しました。
現地まで行けない時にでもこうやってたくさんの情報があるからこそ、応援も熱が入りますね。
国体も応援に来られていた方がいろいろ映像配信とかしていらっしゃったみたいで、なんか嬉しくなります。

この140文字を自由に書き込むツイッター。
自分が何気ないつぶやきを書き込むのも楽しいですし、いろいろ自転車つながりでフォロー(この人のつぶやきを読みたいなあ~という人をマイミクみたいに登録する)しておくと、レースの時にリアルタイムでみんなで情報を共有したり、いっぱい情報が流れてきたり。
私もぼちぼちとつぶやいてますが、たまにレース状況を余裕があればつぶやいたりも。
出先でも気軽に携帯から見られたりつぶやけたり、ってのも楽しいし、一気に自転車乗りにも広がってマストになったなあ~って最近思います。

即時性のツイッターと、バラエティ情報満載のブログ、どっちも自転車を楽しむのに最近は欠かせないものになりましたね。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読