HOME / 

商品紹介 / 

GIOS(ジオス)最新2011年モデル情報

投稿者:matsumoto

GIOS(ジオス)最新2011年モデル情報

Pocket
LINEで送る

スタッフ松本です。

年々肥大化するロードバイクのフレーム。(もちろん肥大化は見た目だけで、重量は年々軽くなってますけどね)
カーボン素材を使用し、軽量高剛性で、たしかに走りは軽く快適なのですが、競走するわけでも無い方には「必要か?」と聞かれれば「...そうでもないです。」と答える私。
「速く走る=楽しい」とは違った価値観をお持ちの方も多くおられるはずで、そんな方にお勧めなブランドが、本日、最新モデルを紹介するこの「GIOS(ジオス)」です。

GIOS(ジオス) Compact Pro(コンパクトプロ)
GIOS(ジオス) Compact Pro(コンパクトプロ)GIOS(ジオス) Compact Pro(コンパクトプロ)GIOS(ジオス) Compact Pro(コンパクトプロ)
定価¥291,900-(完成車) ¥165,900-(フレーム&フォーク)
デダチャイ製クロモリチューブを美しいメッキラグで仕上げた人気モデルが完成車でも登場。
Campagnolo(カンパニョーロ)ATHENA(アテナ)のコンポーネントに、リムにはMavic(マビック)OPEN PROを採用したバランスの良いロードバイク。
トップチューブのイタリア国旗は立体的で所有欲をそそります。

GIOS(ジオス) Vintage Veloce(ヴィンテージヴェローチェ)
GIOS(ジオス) Vintage Veloce(ヴィンテージヴェローチェ)GIOS(ジオス) Vintage Veloce(ヴィンテージヴェローチェ)GIOS(ジオス) Vintage Veloce(ヴィンテージヴェローチェ)
定価¥176,400-
昨年、Veccio(ベッキオ)の名称で大ヒットとなったモデルが、Vintage(ヴィンテージ)と改名し、Campagnolo(カンパニョーロ)Veloce(ヴェローチェ)仕様が追加されました(Tiagra仕様もあり)。
こちらはラグではなく溶接になりますが、スチールフレームにダブルレバー、メッキフォーク、クイルタイプのノーマルステムとトラディショナルなルックスがロードバイクの楽しみが競うことだけでは無いことを再認識できます。

GIOS(ジオス) Ampio(アンピーオ)
GIOS(ジオス) Ampio(アンピーオ)GIOS(ジオス) Ampio(アンピーオ)GIOS(ジオス) Ampio(アンピーオ)
定価¥78,750-
街乗りからツーリングまで、幅広く対応するクロスバイク。クロモリフレーム&フォークを採用のこのモデルは、単に「便利」なだけじゃなく、上位モデルを凌駕する「乗り味」を持っている名車。高価なロードバイクに迫る満足感があるお買い得モデルです。
自転車が単なる移動手段ではなく、人生を楽しむための相棒であることが理解できると思います。

GIOS(ジオス) Mignon(ミグノン)
GIOS(ジオス) Mignon(ミグノン)GIOS(ジオス) Mignon(ミグノン)GIOS(ジオス) Mignon(ミグノン)
定価¥78,750-
20×1-1/8woホイールと親しみやすいフラットハンドルバーを組み合わせた本格ミニベロ。
普段ロードバイクに乗っている方のセカンドバイクにもお勧めです。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:matsumoto

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読