HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

ANCHOR アンカー(BRIDGESTONE)のロードについて

投稿者:admin

ANCHOR アンカー(BRIDGESTONE)のロードについて

Pocket
LINEで送る

最近の京都は天候がよろしくなく、北山方面に走りにいくと、かなり寒い思いをします。

鞍馬の奥のほうは雪が残っていて、とてもロードで登る気になれません。

仕方なく、静原からエブミ峠を越えて、大原方面に向かったのですが、平日の午前中・・・しかも、時折小雪の舞っている山の中・・・ほとんど自転車とすれ違うことがありませんでした。

普通に走っていると寒いので、エブミ峠を何度か往復していると、やっと自転車とすれ違いました。

ピスト!! 固定ギアで、ぎしぎし踏み込んで登ってきます。

シートステーにブレーキはつけていますが、取り外し可能なタイプのようです。

大腿筋も大臀筋も盛り上がっていて、と~ってもパワフル!!乗車している方のゴッツイ体とは対照的に、フレームのか細いこと・・・・・スチールフレームって丈夫なんですな~

最近のカーボンやアルミフレームのふっといチューブとは違った魅力を感じます。

スチールのフレーム少なくなりましたよね。15年ほど前はほとんどスチールだったような気がするのですが、サイクリングロードでも、峠のなかでも、めっきり少数派になってしまいました。

でも、こんな時代だから、スチール、目立てそうですよ!

乗り心地もいいし・・・・・・

で、今買えるスチールのロード、カタログで探してみたらありました。

中でも、ANCHOR(アンカー)のRNC3はとってもリーズナブル!!

http://www.qbei.jp/product_info/product/59/

でも人気があったようで、07モデルは売り切れてますね。

カタログに載っているので、モデル自体は無くならないようですね。  

でもこのフレームかっこいいです。

NEO-COT(ネオコット)クロモリフレーム、チュウブの溶接に独自の技術を駆使して、ティグ溶接よりはるかに綺麗に、ラグ溶接より軽く?仕上がっています。(おそらくきっと)

流行のシングルギアも、スチールフレームのものが人気です。

スマートなシルエットも人気の元なんでしょうね~

レースに使用しないのであれば、スチールフレームも面白い選択かもしれません。 なかでも、ANCHOR(アンカー)のネオコットは現代的で、とても欲しくなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:admin

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読