HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第149回★スズカは自転車乗りのお祭り

投稿者:DJ GALAPA

第149回★スズカは自転車乗りのお祭り

Pocket
LINEで送る

スズカロード
みなさんこんにちは!DJがらぱです。

夏休みもいよいよ終わりですね。
私の移り住んだ美山の(このあたりの)小学校はもう30日から学校が始まったので、昼間がすっかり静かになりました(笑)。

この週末、28、29日は、自転車乗りの1年1度の最大のお祭りといってもよいでしょう、「シマノスズカロード」に行っておりました。
メインの実況として入るのは今回が初めてだったのですが、このシマノスズカ、何を隠そう、私が生まれて初めて出場したことのあるロードレースなのです。

もう15年以上前のことになりますが、QBEIで出会った仲間と誘われるままに参加したこのスズカロードがなかったら、ここまで私はどっぷり自転車にはまっていなかったかも?と思えるほどの楽しいお祭り。
そのお祭り規模はかつてよりもどんどん大きくなり、今年は参加者のべ15000人を超える超ビッグな大会となりました。
みなさんもちろんレースの順位も狙っているものの、どちらかというと1年1度、チームや会社や家族や、仲間たちとワイワイ楽しく過ぎ行く夏の思い出に参加する、そんな感じで、本当に楽しい2日間でした。

とにかく暑い!2日間でしたが、気温以上に参加者がみな熱い!

追い立てられるようにスタートの嵐が続く中(とにかくカテゴリーが多いので、実況の3分の2はスタートコントロールといってもいいほどです)、飛び込んでくるのは熱い走りと最高の笑顔。

参加される方はもちろん初心者の方もいらっしゃるし、競輪選手もいるし、チームの監督もいるし・・・。

そして何よりすごいのがこのスズカの女性参加者の多さ。
スタートが何と華やかなこと!
女性ライダーがこれだけたくさんいらっしゃるんだー、と嬉しくなります。

ただ、お祭りとはいっても、どうしてもアクシデントはつきもの。
その中で、未然に防げたかな?という転倒事故もいくつかありましたので、今回はそれについて少し触れておこうと思います。

スタート前などにいつもご案内することなのですが、レースのみならず、自転車で走るときに一番大事なのは「急な動きをしない」こと。
急な動きというのは
・急ハンドル
・急ブレーキ
・急加速

などというふうに「急になんらかのスピードの変わる、あるいは走る場所の変わる動き」のこと。

これがどのカテゴリーにおいても、上位カテゴリーにおいても、事故原因の最も多い原因になります。

大事なことは、「後ろから必ず誰かがやってくる」ということを念頭におくことともいえます。

手信号などはその急な動きをやむを得ずする必要があるときのサインですが、できるだけゆるやかに、余裕をもった動きが出来るとレースでも安全に楽しめると思います。
そしてこれをぜひ、お子さんが一緒に自転車を楽しまれている方々はお子さんに教えてあげて欲しいのです。
レースの試走などでよくお子さんが途中で突然立ち止まったり、斜めに走ってしまったりするのを見ます。
レース中でも横の子が気になってついついそちらへ行ってしまったり、結果的に進路を妨害してしまったりなんてことも。
これはその場で怒っても混乱してしまいますから、できるだけ普段から「まっすぐ走る」「急に止まらない」を教えてあげて欲しいな~と思います。

あとは、当たり前のようですが

「前方に気をつける」こと。

頑張りすぎちゃうと段々下を向いてしまう人がいらっしゃいますが、これがかなり危険。
前方集中は基本です。

レースでも普段のサイクリングでも、このことに注意していれば格段に安全に走れるはず。
普段からそういう走り、と思っていれば、レースでも格段にウマイ走りができること請け合いです。

秋に向けてまだまだイベント盛りだくさんですし、夏はそろそろ終わりかけですが、秋も自転車をめいっぱい楽しみましょうね~!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読