HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第148回★美山をたくさんの子供たちとサイクリング!

投稿者:DJ GALAPA

第148回★美山をたくさんの子供たちとサイクリング!

Pocket
LINEで送る

i.jpg
みなさんこんにちは!DJがらぱです。

夏休みもそろそろ後半。
お盆を過ぎて宿題にあせりをみせているお子さんもいらっしゃるかなってそれはうちの子たちか(^^;)

そんな夏休み。様々なイベントで思い出を作られている方々もいらっしゃるかと思います。
サイクリングをされた、という方も多いのではないでしょうか。

最近ロードにふたたびはまっているワタクシも、そんな夏の一日を子供たちとサイクリングに行って来ました!

「美山サイクルチャレンジ夏休みスペシャル」と題したこの企画。
普段は様々なイベントやレースの中で「ウィーラースクール」として主に小学生を対象にした自転車教室をやっている団体があるのですが、そのウィーラースクールの夏休みバージョンということで、イベント会場などに設置するような見える範囲のスクールエリアを飛び出して、サイクリングが企画されたのです。

実はこのウィーラースクールの現在代表をしているブラッキーこと中島氏は私が越してきた美山に在住。
しかも私は超ご近所さん。

ともに関西のいわゆる都会から美山に移住した同士であり、美山に住む前からウィーラースクールは私もお手伝いしているそんな仲で、美山を愛するモノ同士。

「地元を元気に、そして子供たちを元気に」という思いから、移住をきっかけに「美山を自転車の聖地に!計画」と題したプロジェクトも現在徐々に立ち上げつつある、そんな状況なのですが(このお話はまた後日ゆっくりと・・・)、その第一歩として企画したのが今回の美山サイクルチャレンジ夏休みスペシャル。
7月にすでに1回やっていて(その時は私は沖縄インターハイで行けず・・・涙)今回はその2回目でした。

地元の子、そうでない子含めて総勢何と40名ほどが美山に集結。
そして、行程30キロ、と、結構な距離(しかも登りも結構ある道)を学年やペースにあわせてグループ分けしつつ走ります。

その時に、今回私も実走スタッフとして子供たちと一緒に走った、というわけです(^^)

佐々里の別れまでの30キロを途中休憩もいれながらみんな頑張って走って記念撮影。その後、田歌という場所まで戻ってお昼を食べたあとは、思いっきり川遊びを楽しみました。

川で取れた魚(ゴリ)はその場で天ぷら。
うちの畑から提供させてもらったでかスイカでスイカ割り。
そして川の急流をライフジャケットを着てウルトラマンのように下ったりなどなど。

サイクリングの達成感と川での遊びで大満足の一日となりました。

子供たちは川遊びのあとは、スタッフが用意したトラックに自転車を積んで、車に分乗してスタート地点へ。

オトナの実走スタッフは自走でスタート地点へ戻り、記念撮影をして終了。

この日は、シマノレーシングのみなさんと競輪選手(京都登録)の山岸さんが講師として、そしてウィーラーのスタッフ(含む、私)がサポートとして子供たちのサイクリングを支えると同時に、自分たちもかなり楽しませていただきました。

こういうサイクリングは、支える側は準備含め大変な部分もありますが、頑張る子供たちの姿を見ると、そして自分たちも含め、ゴールしたときの達成感をひしひしと感じると、何とも感動してしまいます。

これからもまたこういう企画をどんどんやっていきたいなと話をしていますので、またここでもご紹介しますね!

ちなみにこの日の走行距離は、合計60キロほど。
このくらいは何とか走れるようになりました~

5月から乗り始めて4ヶ月目。
目標にしている「最低月100キロ」は何とかここまでクリアしています♪

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読