HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

2011、カンパニョーロ(Campagnolo)、フルクラム(FULCRUM)新…

投稿者:admin

2011、カンパニョーロ(Campagnolo)、フルクラム(FULCRUM)新製品プレゼンテーションに行ってまいりました。

Pocket
LINEで送る

スタッフの田中です。

カンパニョーロジャパンによる新製品プレゼンテーションに参加いたしましたので、報告いたします。

カンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーション

2011年モデル、カンパのコンポは大、大、大改革を断行した模様です。(大改革にともないモデルのロゴも一新されております。)

白地にクリアーの11がコーラス、赤地に白の11がスーパーレコード、レコードは白地に赤の11

カンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーションカンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーション

すべてのグレードで大幅な改良が行われておりまして、素材の変更、固定ボルトの形式変更、パーツ形状も高剛性、耐久性を追求しながら、さらにストレスのかからない部分をそぎ落とし、キメ細かなブラッシュアップのツミカサネにより、コンポごとに数十グラムの軽量化を達成しているとのこと!
スーパーレコードと、レコードは、他社製トップグレードに対して重量面でかなりのアドバンテージがあるようです。

カンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーション

さらに、チェーンリング変速用スパイク位置、歯の形状、チェーンリング内側加工なども再設計されており、フロント変速性能の著しい向上が期待できます。
閑話・・・実際に走らせたわけではないので、小生が信仰の対象にしているヂュラエースを凌いだか否かは不明です。プレゼンテーション担当の方のお話によりますと、「販売店向けの展示会、一般に向けてのサイクルモードなどで、試乗出来る機会を設けたい。」とのことで、かなり自信があるようです。・・・閑話休題

ちょっと驚いたのがリアブレーキ、なんと・・・ついに・・・・上位グレードでデュアルピポットタイプが選択可能になるようです。
・・・で・・下位?グレードのリアブレーキはどうなのか?・・・アテナ11Sベローチェ10S ケンタウル10Sはシングルピポットのみの設定かと思いきや・・・なんとデュアルピポットのみの設定だそうです。

(制動性能向上は永遠のテーマですね!最近のクリンチャータイヤはコンパウンドの性能が向上してますし・・・・・・)

アテナ、ベローチェ、ケンタウルの大きな変更はすでに雑誌等でも話題になっていますが、パワートルク方式!!
クランクの軸(カンパではスピンドルと呼んでいるようです。)が1本になったこと、さらにエルゴパワーのラチェット構造がシンプルになったとのこと・・
他にも細かなブラッシュアップは行われているようですが、上記2点は注目の大改革のようです。

カンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーションカンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーション

クランク軸がチェーンリング側に固定されている姿はシマノのホローテックに似ていますが、右側のベアリングはウルトラトルクと同様にクランク側に固定されます。(左側のベアリングはカップ側に)

ウルトラトルクのように真ん中で2つにわかれているよりも組み付けやすく見えます。

ウルトラトルクのエルゴパワーはかなり複雑な構造のラチェットになっており、ワイヤー内蔵式フレームによるフリクション増大に適応したディレーラのスプリングテンション増大に対応している(ややこしい!!)とのことですが、パワートルクのほうは構造を単純化してメンテナンスを容易にしているそうです。
(やっぱりワイヤー内蔵式のフレームはフリクションが増大するのかー)

ぶっちゃけた話、この2点の大改革はコスタダウンにつながているそうです。が、しかし、軽量性、剛性、変速性能、メンテナンス性をこれまでと同等か、向上させた上での簡素化で、コストダウンによる性能の低下は無いのだそうです。
さすがはカンパニョーロ!!期待して発売を待ちましょう!!(昨今の経済状況に対応した大改革!小生のような庶民にも手の届く価格になることを期待いたしております。)

価格のことはさておいて、カンパの新製品では、スーパーレコードの高性能化が気になるところ・・今回も期待に違わぬシロモノでした。
走っていないので変速性能等は試乗を楽しみにすることとして・・・今回驚いたのはパーツ単体の軽さ!これはもうビックリして笑うしかないほど・・
展示されていたパーツを持ち上げる度に笑えて笑えて・・・・
リアディレーラーは、大きなパーツがほとんどカーボン化、表面加工も高度なものだそうで、クリア塗装が必要ないとのことでした。更にブレーキレバーは、3つもの穴が設けられ極限の軽量化を演出(レコードは穴が2つ)

カンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーション
なんとクランクはオプションで軸(UTスピンドル)チタンバージョン(固定ボルトもチタン!!)の選択が可能!!かなーり軽く仕上がっております。

中心部の赤いマルはチタンスピンドル仕様の印!

カンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーション

(見て、触れていると、軽さ、仕上げの良さに圧倒されて、思わず欲しくなってしまいました。あー恐ろしー!)

カラーコーディネートの可能性を広げた純正品も発売される見込みで、エルゴパワーのフードとアウターケーブルに、ホワイトのものとレッドのものがあるようです。

新型コンポの大幅な変貌ぶり比較しますと、おとなしめな情報しかなかったホイール・・・

ボーラワンとトゥー、ハブのグレードが異なります。

カンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーションカンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーション

ハイペロンワン、ヒルクライム最終兵器のノーマルハブ版

カンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーションカンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーション

レーシングスピード 、シマノユーザーも使用しやすい?超高性能ホイール

カンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーション

現行モデルはこちらから!!http://www.qbei.jp/product_info/product/25084/
カンパのカムシン、フルクラムのレーシング7 レーシング3のリが軽量化(ストレスの少ない部位の削ぎ落とし)されているとのことでした。

軽量化の進んだカムシン

カンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーション

レーシング3のクリンチャータイプはハブ、スポークのシステムも改善が施され・・・地味な(もとい!地道な改善ですね)説明のあとに隠し玉がありました。
なんと!カンパニョーロ・フルクラムのホイールにCX用が登場!!シクロクロス用に開発。ハブにプロテクトシールを搭載し、泥、ダストの侵入防止性能を強化したもののようです。

カンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーションカンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーションカンパニョーロジャパン新製品プレゼンテーション
カムシンCX、、ベントCX、、シロッコCX、レーシング7CXと、複数の製品が企画されておりかなりの本気モード!
ホイールだけでなくプロテクトシール強化タイプのクランクセット、10Sパワートルクシステム、11Sパワートルクシステムも用意されるので、ハードな環境で使用される方に朗報です!!

大幅な改善が期待できるカンパのコンポ、さらに、ダストシールドを強化したCXシリーズ、さらにさらに、ユーロ対円の状況(少しは価格に反映していただけると嬉しいです。)も手前勝手に解釈して、最終的な仕様と価格の発表が待ち遠しくなりました。
以上、2011、カンパニョーロ(Campagnolo)、フルクラム(FULCRUM)新製品プレゼンテーション参加の報告でした。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:admin

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読