HOME / 

トライアスリート山本良介 全力疾走 / 

第44回☆勝負の7月、4連戦!

投稿者:山本 良介

第44回☆勝負の7月、4連戦!

Pocket
LINEで送る

みなさん、こんにちは。
1年の半分も終わり7月に入りましたね。
暑い日が続いたかと思えば、突然豪雨になったりと大変な時期です。
そんな中ですのでトレーニングへの取り組みや体調維持が大変ですが、モチベーションを高く持って臨機応変に対応しています。
6月上旬にはスペインのマドリードでWCS大会に出場してきました。
結果は全くダメでしたが、マドリードの雰囲気を写真で楽しんでください。

cimg0996.jpg
大会会場はマドリード中心地近くの大きな国立公園内。

cimg0999.jpg
メイン会場真横にはヨーロッパらしいオープンテラスのカフェが。

cimg1002.jpg
今回もペアで1185gのコスミックカーボンアルチメイトを選択。

cimg1017.jpg
レース前の緊張の一瞬。

cimg1019.jpg
バイクコースは急激なのぼりを含むタフで厳しいコース設定。

cimg1005.jpg
宿泊ホテルの窓からの景色。

 

結果が出せなかったマドリード大会後から色々と悩み考えましたが、進化していくべく修正していきトレーニングに励むのみと取り組みました。
そして考えた結果は7月の4連戦というスケジュール。
今年はWCS大会とWC大会の最高峰シリーズにしか参戦していませんでしたが、もう一つ下のコンチネンタルカップシリーズにも出場して、
●レースを走っていく中で仕上げていく
●勝つ事により自信をつけて、WCS大会に繋げていく。
自転車選手でも色々なタイプの選手がいますが、レース数を減らして長期トレーニングで仕上げていくタイプの選手と、レースに多く参戦して仕上げていくタイプの選手の大きく2つのタイプにわかれるかと思います。
自分は過去の経験から判断すると後者のタイプです。
この暑い時期での国内2連戦と遠いヨーロッパ2連戦の4連戦は体調維持などリスクは伴うものの、今までの自分のスタイルに戻して戦っていくことにしました。
先週末に出場した1戦目は「仙台ベイITUアジアカップ七ヶ浜大会」。
仙台空港から約25km離れた七ヶ浜での開催でした。
飛行機で大阪空港から約70分。
移動はイメージよりもかなり近く感じました。
国際ポイントが得られる大会という事で海外からも数名の選手が参戦していました。
自分としては現状の力を把握するという事と、必ず優勝するという2つの課題をもってレースに挑みました。

レースはスイムから先頭集団で優位に運ぶ事ができ、バイクでは少人数での高速巡航にも余裕を持って走れ、ランでは出だしから独走状態に持ち込めて優勝する事ができました。
レースを走る事により、3種目とも課題がみつかり収穫のあるレースにする事ができました。
本気で戦った中でしか得られない感覚はすごく重要だと考えています。
この課題を今後のレースまでにどう修正していけるかが勝負です。
今週末は愛知県蒲郡市で国際大会に出場。来週からはドイツ ハンブルグとイギリス ロンドンでのWCS大会に出場。
1戦1戦、1日1日を大切に戦ってきます。

体調維持、向上の難しい気候、天候の時期ですがモチベーションを高く取り組んでいきましょう!!

img_0513.jpg img_0520.jpg img_0527.jpg
七ヶ浜大会のバイクコースは平坦基調だしたので、コスミックカーボンSLRをチョイス。
アルチメイトよりは約400g重いですが高速巡航では抜群の威力を発揮してくれ走りを支えてくれます。
ちなみに七ヶ浜大会のアベレージは42km/h台でした。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:山本 良介

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読