HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第22回★新年のスタートを快適に♪

投稿者:DJ GALAPA

第22回★新年のスタートを快適に♪

Pocket
LINEで送る

みなさん!新年あけましておめでとうございます。DJがらぱです!

もう初乗りはされましたか?
ワタシの周りでも新年のサイクリングの話題が多くなっています。
いろんな方のブログなんかを見ているとそれだけで楽しくなってしまいます。

一方で、やっぱり年末年始は全然乗れなくて・・・という方も結構いらっしゃるかも。
ちょっと乗っていないとすぐにバイクはホコリをかぶってしまったりするもの。特にオイルやグリスを塗布したりしているところはホコリがつきやすいので乗る前に要チェックです。

さて。年が明けて、新春セールが気になりますね。
オトナはお年玉はないにしても、何か新年に新しいものが欲しくなるのが人情(笑)。
特にセールになっていたりするとなんとなくソワソワしてしまいます。

時間も少しはあるかも?しれないですし、ここは新しいスタートにちなんでポジションのチェックをしてみてはいかがでしょう。そしてちょっと普段は交換していなかったパーツなどを交換してみるなんていうのもいいかな、なんて思います。

例えばサドル。
もちろん、お気に入りのサドル、ポジションがある、という方も大勢いらっしゃるでしょうけれど、去年の通勤通学や、ツーリング、レースなどのとき、不具合(痛かったな、とか、しんどかったな、とか)がなかったか思い出してみましょう。

また、こういうときにちょっとサドルを裏から眺めてみて、ベースやプラスチックの部分に割れやひびがないかも確かめておくといいですね。
ちょっと柔らかくなったように感じるなあと思っていたら実は割れていた、なんて結構あるもんです。

サドルの不具合で特につらいのは「痛い」こと。
痛いネタでは女性向けの話題が多いですが、聞くところによると男性でもこの悩みは多いとか。
案外女性向けモデル、といわれるサドルを愛用している男性も多いようです。
工夫されているポイントとしては、例えば真ん中に穴をあけて当たる部分を軽減してあるもの(これが結構男性でも有効らしい)や、後ろを幅広にしてあるものなどが多いようです。
また、サドル自体が軽いものはそれだけしなる場合が多いので、ショック吸収がよく、快適なことも。軽いものはどこが軽いかといえば、支えているレールの部分がチタンなどの素材になっているのですが、この「軽い」サドルはそれだけでかなり乗り味が変わるので試してみる価値アリです。
こういうものがセールになっているとかなり嬉しいですね。

後ろが幅広になっているタイプは一般的にペダリングする際に太ももの後ろの部分にやや当たるのでスポーツタイプのものには向かないと言われがちですが(確かに細身のほうがペダリングはスムーズになる場合が多いですが)、体重をささえる部分ですのでそれも感じ方は様々。特にポジション的にハンドルが高めの方でどっかりと座るポジションになっている方は細身のサドルはつらいかも。そういう場合は幅広タイプも試してみるといいでしょう。ま、見た目は細身のほうが格好よく感じてしまうかもしれませんが、実際体重を支えている部分なので見た目よりも用途と使い方重視がポイントです。

ポジションについても購入するときに是非お店のスタッフに相談してください。見た目には全然変わらなくても、例えば前の部分をほんの数ミリ上げたり下げたりするだけで全然違います。今までのポジションに一般的に見て無理がないかどうかを見てもらった上で、こうしてみようか、ああしてみようか、なんて話をしていると自分のベストポジションが見つかるかも?です。

なんとなく新しい年の始まりはワクワクするもの。
心機一転、ちょっとツーリングやレースの計画なんかも立てつつ、新しい装いとポジションで今年も快適な自転車ライフをスタートさせてくださいね♪

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読