HOME / 

商品紹介 / 

LAPIERRE(ラピエール)AUDACIO300

投稿者:matsumoto

LAPIERRE(ラピエール)AUDACIO300

Pocket
LINEで送る

スタッフ松本です。

暖かくなって、比較的良い天気が続いたと思ったら...大変たくさんのロードバイクのご注文を頂戴しております。
誠に有難うございます。

さて、そのロードバイクですが、最近はエントリーユーザーの方からのご用命が大変目立っております。
それも、「レースを目指す」という用途とは全く異なり、「スポーティーに気持ちよく走りたい!」というニーズを強く感じます。

フレーム剛性が高く、ハンドルバーが低いセッティングのレース用ロードバイクとはひと味違う、コンフォートロードバイクの人気が高まっております。

本日紹介のLAPIERRE(ラピエール)AUDACIO300もその1台。
LAPIERRE(ラピエール)AUDACIO300
ヨーロッパのプロレースも走るこのブラント「LAPIERRE(ラピエール)」は名前からも想像出来るようにフランスのブランドです。
創業1946年の老舗ともいえるブランドで、高い人気を誇っております。

その、LAPIERRE(ラピエール)のコンフォートロードバイクラインがこのAUDACIOシリーズ。
300はシマノSORAをメインコンポーネントに採用したエントリークラスです。

高めのハンドルバーポジションや、
LAPIERRE(ラピエール)AUDACIO300
なんといってもファンライダーに嬉しいのがフロントトリプル仕様。
バリバリとトレーニングしているライダーには無用でしょうけれども、「楽しみ」としてライディングする方には、峠道での長い上り坂では、「フロントダブルではつらい」という方も多いハズ。

押して歩くくらいなら、折角のロードバイクも単なるお荷物になってしまいますから、軽いギア比がチョイス出来るフロントトリプルはこの性格のバイクには大正解。

フレームもトップチューブが、ヘッド付近の縦方向の扁平からシートチューブに向かって横方向に扁平する美しい造形で、
LAPIERRE(ラピエール)AUDACIO300
その綺麗なラインが
LAPIERRE(ラピエール)AUDACIO300
乗り心地にも貢献する、美しい曲線のシートステーと調和し、全体のシルエットとして大変美しい一台になっております。

ホイールもこのクラスでは定番で人気の高いShimanoWH-R500を採用し、HUTCHINSON(ハッチンソン)のクリンチャータイヤが装着されております。

レースではなく、ファンライド、サイクリングといったイメージの落ち着いた雰囲気。しかもお洒落。
初めてのロードバイク、いや初めてのスポーツバイク入門の方にも乗りやすく仕上がっているこのモデルはオススメです。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:matsumoto

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読