HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

雨カッパを新調しました。

投稿者:admin

雨カッパを新調しました。

Pocket
LINEで送る

雨カッパを新調しました。

スタッフの田中です。
天候不順な季節を迎えるにあたって、自転車用の雨具を新調してみました。

たまの休日に雨に降られ、その度に走れずにいるとどうしても運動不足気味になって体調の維持が難しくなります。
小生はすでに若くなく、気温の低い日に濡れたまま走りますとやはり体調を崩してしまいます。

以前から欲しいと思っていたのですが、ついに自転車専用の河童・・・モトイ!カッパを購入いたしました。

yyayn-001.jpg

PEARLIZUMI RacingRainJacket (2355) パールイズミ レーシングレインジャケット(Q020243)
http://www.qbei.jp/product_info/product/25252/

PEARLIZUMI RainPants (2357) パールイズミ レインパンツ(Q020244)
http://www.qbei.jp/product_info/product/25253/

PEARLIZUMI RainHelmetCover (89) パールイズミ レインヘルメットカバー(Q020248)http://www.qbei.jp/product_info/product/25257/

ジャケットはおしりを覆うほど後ろ側のすそが長く、背中を丸めた姿勢にかなりフィットしたカッティング、しかもこの手のカッパとしてはかなり軽量です。

パンツはカッティングが絶妙で、膝の部分にかなり余裕があり、ペダリングがスムーズ!!さらにサドルにあたる部分が補強されて、さらにさらにすそを締めるマジックテープが装着されており、クランクに干渉しないようになっております。

yyayn-003.jpgyyayn-004.jpg

ヘルメットカバーは真ん中の上部がウレタンコーティングされており、左右側面は通気性のある素材が使用されております。

yyayn-002.jpg

これをかぶると競輪選手になったような気分になれるかも???

都合の良いことに(悲しいことに)購入直後の休日は朝から冷たい雨がかなり降っており、さっそく試走することに!!

いつもの峠道に入る前に自動販売機で水分を補給!カタログにあるムレにくさを確認するべく、上りでたくさん汗をかけるようにしてみました。

30分ほど上って見みたのですが、気温が低くなかなか蒸れてまいりません。
下りに入ってからは体温が奪われないので、凍えることもなく効果抜群!!

首周りからのミズの浸入もかなり少なく、体幹の体温低下がなかったので、快適な走行を楽しめました。

ただ、今回はシューズカバーとレイングローブを購入していなかったため、手先、足先は冷えて冷えて(あー購入しておけばよかったー)

いい気になって、4時間ほど雨の中を走り回り、寒さを感じることはほとんどなく、ウエアの効果を実感したのでありました。

ただ、気温が14、15度の氷雨の中では快適でしたが、暖かい部屋の中に入ったとたんにかなりの汗をかいてしまい、カッパの内側に着ていたジャージはビッショリ!!

気温が高めの場合の通気性は???充分ではなさそうです。
まー暖かい日は雨に濡れても問題ないですね・・・・

ジャケットはさらに上級機種がございますので、ムレの気になる方はこちらのほうが快適かもしれません

PEARLIZUMI RainJacket (2007) パールイズミ レインジャケット(Q020242)
http://item.rakuten.co.jp/qbei/2plizm_020242/

ちょっと高価なので小生には手が届きませんが、能書きを読む限り(2355) パールイズミ レーシングレインジャケットよりも高性能のようです。(見た目もよさそうです。)

これらは暖かくなりそうなので、シューズカバー、雨用グローブの購入は秋以降にすることし、手と足の冷えは我慢しようと思っております。

PEARLIZUMI RainGlove (83) パールイズミ レイングローブ(Q020249)
http://item.rakuten.co.jp/qbei/2plizm_020249/
PEARLIZUMI CoatingShoeCover (86) パールイズミ コーティングシューズカバー
http://item.rakuten.co.jp/qbei/2plizm_020174/

以上、雨カッパ新調の報告でした。

PS・・・・‥雨具を用意して以来、小生の休日は雨の降る日が多く・・・・嬉しいような悲しいような・・・・・

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:admin

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読