HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第136回★楽しい週末のために

投稿者:DJ GALAPA

第136回★楽しい週末のために

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。

いつまでもいつまでも、寒い~!!!!!

本当に、あったかくなったかな、と思ったら寒くて、冬物がしまえません。
この週末も静岡、岐阜と土日レースが続くのですが、限られた荷物の中で(限らないとどんどん増殖して移動が大変!)寒かったとき対策が最重要事項なため、どうにもこうにも、限っても大荷物になってしまって超肩こりです(苦笑)

貼るカイロも手放せず。

そういえば、この間の伊豆のお仕事の時、腰にはカイロを仕込んでいたのですが、あまりに寒くてもう一枚あったカイロを途中で増やしました。
増やした場所は、右足の太ももの前の部分(ズボンの裏に仕込みました)。
本当は両足をやればベストなのですが、1枚しかなかったため、右だけ仕込みました。
身体は左右均等に思えて実はそんなバランスが取れていることのほうが珍しいことも多いと思うのですが、このときは右と左、どういうわけか、右の足のほうが冷たくなっていました。
多分、荷物を持っている左右バランスが悪かったり、ついつい足を組んでしまったりいろいろとバランスが悪くなってしまった要因はあるのでしょうが、この「なんとなく右が冷たい」という感覚、正しかったようで、右足太もも前面に仕込んだカイロ、大正解でした!

たった1枚のカイロで随分楽になって、身体がちょっと固まっていたのがほぐれてくれたおかげで、さらに血の巡りがちょっとよくなってくれて、1日持ったっていう感じで。

こういう身体のサインを見逃さずにあっためたりするの、大事だなあ~とつくづく思った出来事でした。

この「身体の左右バランス」ってすごく大事だなあと思います。
実際、足や手の長さも、まったくぴったり同じではないですよね。
なので、ロードなんかでシューズのクリートのセッティングって実は左右ぴったり目でみて同じだと思っても、左右で微妙に違うことも多いもの。
そのままだとひざなどに負担がかかって、ロングに出た時に途中でひざが痛くなったり腰が痛くなったりということを経験された方も多いのではないでしょうか。

これについては、「身体にあったセッティング」も大事ですし、もっと根本的に、「左右の身体のバランスをできるだけとれるように日ごろから気をつける」ことも大事。
昨今流行の、骨盤体操なんかはとても効果的だそうですね。
自然に立ったときに肩の高さが違ったりなんてことも要注意。
いつも左右どちらかだけにショルダーをかけるくせがあったり、足をどちらか一方で組むくせがあったり(私は両方あります。駄目なんだよなー)、そういう人は、せめてお風呂上りやリラックスタイムに股関節を伸ばしたり、腕を回したり、もっと後ろ向けな方法としてはいつもと逆の足をしばらく組んでみたり(これ、やってみると結構違和感があってどれだけ体が普段ゆがんでいるかがわかって愕然としますよー)、そうやって多少意識すると徐々に徐々に変わってきます。

春は何かと出張が多かったり忙しくて座りっぱなし、という方がにわかに週末だけスポーツでリフレッシュ、というのは、いいように見えて実は危険。
せっかくのイベントで気分が悪くなったり怪我をしたりしないように、日々の忙しい合間に、せめてその日めぐりの悪くなった血はその日のうちにできるだけ循環させてあげるようにすることも楽しい週末のためには大切です。

毎週末、私がお手伝いするイベントにも1,000人を超えるみなさんが楽しく走りに来てくださっています。
みなさんが楽しい週末でリフレッシュしてくださるように、私もめいっぱい応援したり、時には私も楽しませていただいています。
でも、それによって調子が悪くなってしまったりしては楽しい週末が台無しになってしまいますから、是非、日ごろから楽しい週末のために、ちょっとずつ身体をほぐして、そして自分の身体の状態に気を配ってあげてくださいね。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読