HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第19回★年末に愛車の大掃除はいかがでしょう

投稿者:DJ GALAPA

第19回★年末に愛車の大掃除はいかがでしょう

Pocket
LINEで送る

こんにちは!DJがらぱです!

12月9日。大阪、堺で全日本シクロクロスが行われました。
今回は男子ではブリヂストンアンカーの辻浦圭一選手の6連覇がかかり、女子では地元大阪の豊岡英子(あやこ)選手の3連覇のかかるレースでもありました。
当日は関西シクロクロス第4戦も行われ、エントリー総数は400名を超えるにぎやかな一日となりましたが、今回すごかったのが出場選手以上にギャラリーの多いこと!
全体の見渡せる丘などは人、人、人。人垣で私はなかなかコースサイドにいけないほどでした。
聞けば「全日本クロスを見るために来ました」という人が多く、そのことにとても感動!
レースの熱さは勿論ですが、その声援、歓声の多さにその場にいた全員が酔った一日でした。レースの結果は辻浦選手、豊岡選手それぞれ連覇記録を伸ばし、大盛り上がりのうちに幕を閉じました。シクロクロスは年明け1月に世界選手権があり、それに向けていよいよ日本代表選手が決まります。今年はイタリアトレビゾでの開催。今からワクワクしてしまいます。
レースの詳しい模様は関西シクロクロスブログ http://www.voiceblog.jp/kansai_cyclocross をどうぞ!
サイクリングタイムでもレポートされています。

さて、今回は「メンテナンス」のお話。
一年間ともに過ごした愛車をこの年末にゆっくりとメンテナンスしてみませんか?
といっても「私はメカは苦手だし・・・」なんて尻込みされるでしょうか。
メンテナンス、といっても別に自転車をバラバラにするということではありません。
もちろん、メカに詳しい方ならば、チェーンをはずしてキレイにしたり、グリスアップをしたり、たくさんメンテナンスポイントはあります。この機会にホイールの振れとりを、なんていうのも大事です。

でも、一番のメンテナンスはなんといっても「キレイに掃除すること」です。
もう着なくなったTシャツなどがあったらそれをウェス(雑巾)がわりに使って一度きれいに自転車を磨き上げましょう。
磨きながらじっくりと自転車に向き合ってみると、ブレーキのアウターが割れかけていたり、メカが真っ黒に汚れていたり・・・なんていうことに気がつきます。
何か最近重いなあ、と思っていたらブレーキが片ぎきしていた、なんていうことも。
チェーンもこてこてになっていたらスプレータイプのクリーナーなどを吹いてからチェーンの汚れをキレイにふき取ってもう一度オイルをさすとこれも動きが変わります。
ただ、オイルを差すときは、一周オイルを差したら表面のオイルはきれいにふき取っておきましょう。
コマのところにオイルが入ればいいので表面のオイルはいりません。むしろオイルが表面に残っているとホコリなどがたくさんついてしまうので汚くなってしまいます。

リムの表面もお掃除ポイント。
ついでにブレーキシューが変な角度にあたっていないか、減りはどうかも見て、必要があれば交換すると快適です。

交換、といえば、ちょっと話が戻りますが、もしチェーンを換える必要があったときは、ちょっと注意が必要です。
長く使っているチェーンであればあるほど、同時にギアを交換しないと変速性能が落ちる可能性があるのです。
チェーンとギアは常にこすれています。
チェーンが減ってしまっているということはギアも同じように減っているのです。
だから、チェーンだけを新しくすると減ったギアとうまくかみ合わないことがあるのです。これはギアを換えたときも同様。新しいギアと古いチェーンの組み合わせでは十分

に快適なパフォーマンスが発揮できないこともあります。
長く使った場合はチェーンとギアは一緒に換えるのが理想的です。

ブレーキや変速のワイヤーもレバーを引いてみて引きしろをチェックしたり、インナーワイヤーのへたり具合を確認したらスプレータイプのオイルを少し吹いておくとさびも防げます。
その場合はできれば一度インナーワイヤーをはずしてアウターワイヤーの中にオイルを吹いてやると簡単です。インナーワイヤーがむき出しになるデザインの場合は薄くオイルを吹いたあと、軽く拭き取っておくくらいで大丈夫でしょう。
どちらにしてもさびているものはいつ切れてもおかしくないので、この機会に交換しておくと安心。これはお買い物自転車のブレーキワイヤーも同じです。
ただ、新品に交換すると今度は「初期のび」が必ず出ますので、交換したあと1ヶ月くらいでもう一度引きしろの調整が必要です。

キレイに掃除するだけでいろいろとじっくり自転車を眺められるので不具合にも気がつきます。
お子さんの自転車も同じ。特にお子さんの自転車の場合はブレーキワイヤーのさびや劣化には特に注意してあげてください。パンクしても事故にはなりにくいですが、ブレーキが利かないことはとても危険です。お子さんと一緒に自転車を磨きながらそんな安全についてのお話なんかもできるといいですね。

もし、何かお掃除していて「これはどうだろう?」という不安な場所が出てきたら、QBEIのスタッフに相談してくださいね(^^)普段のメンテナンスなどについてもアドバイスしてくれると思いますよ。

だんだん今年の残りわずかになってせわしなくなってきましたが、この年末の大掃除にぜひ愛車の大掃除も加えてあげてくださいね!
DJがらぱはまだまだレースが続きます。今週と来週の関西シクロクロスまで、まだまだ2007年レースシーズンは終わりません(^^)
こんなことを書いておきながら、私の愛車の大掃除は一体いつになることやら・・・(苦笑)

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読