HOME / 

Bicycleインプレッション / 

<Bicycleインプレッション>Basso(バッソ) Devil(デビル)

投稿者:matsumoto

<Bicycleインプレッション>Basso(バッソ) Devil(デビル)

Pocket
LINEで送る

スタッフ松本です。

久々のインプレッションでイタリアの高品質バイクブランドBasso(バッソ)Devil(デビル)に試乗してきました。

前回、インプレッションしたBasso(バッソ)Lesmo(レスモ)に引き続いて、Basso(バッソ)のフラットバーロード。
Lesmo(レスモ)の好印象(はっきり言って大絶賛)で、すっかりBasso(バッソ)ファンになってしまいました。
※決してメーカー・輸入代理店からの政治的圧力ではありません。ホントに。

ちなみにLesmoは本国では「レスモ」ではなくって「レズモ」って発音なんですね...でも、日本の輸入代理店では「レスモ」なので、日本では「レスモ」が正解???

Basso(バッソ) Devil(デビル)Basso(バッソ) Devil(デビル)
どうしても、前回のLesmo(レスモ)との比較になってしまいますが、こちらのDevil(デビル)の方が随分と軽快に走れます。
上りのダンシングでもLesmo(レスモ)がグイグイと上るのに対して、Devil(デビル)はスイスイと上って行きます。
ついつい、スピードを上げてしまう感じ。脚力のある若い衆には気持ちよさげですね。

ハンドリングはこちらもしっかりとした直進安定性をたもちながらも、曲がりたいときにはスッと曲がってくれます。
ただ、初めてスポーツ車に乗る方ですと、どうしてもハンドルを切って曲がろうとするのでそうした場合にはちょっとクイックに感じるかも知れません。
でも、それはしっかりと体重移動で曲がれるようになれば、まったくもって問題なしです。
やはり、このあたりは「フラットバーロード」であり、「クロスバイク」よりスパルタンな味付けですね。
Basso(バッソ) Devil(デビル)のフロントフォークカーボンのフロントフォークも高級感がありますね。
このフォークがこのバイクのハンドリングの要?

パーツアッセンブルに関しては、さすがに定価¥84,000-の廉価入門モデルですので、シマノ2300などのエントリーグレードが搭載されておりますが、これは価格相応なので仕方の無いこと、でも、特に不満は感じません。敢えて言えば、ブレーキはもう少し効いてくれると嬉しいですかね。
もし、不満になれば上級グレードのコンポーネントにアップグレードすれば良いかと思います。フレームの素性がよいので、アップグレードしても十分対応出来ます。
あと、Lesmo(レスモ)と同様にハンドルバーはもう少し幅が狭い方が良いかなと。まあ、これは個人の好みですので...

廉価グレードと言えども、
Basso(バッソ) Devil(デビル)のハンドルまわりMicroTechで統一されたハンドルバー・ステム類や
なんと!
Basso(バッソ) Devil(デビル)のハブ・スポークスポークはDT!!!
値段を超えたスペックと言えます。

ベーシックなところがしっかりしているので、全体として破綻するところがなく、気持ちの良いライディングを楽しめます。
Basso(バッソ) Devil(デビル)Basso(バッソ) Devil(デビル)
アルミ製ストレートパイプのリア三角のおかげで、ペダリングパワーはしっかりと推進力へと変換され、私のような貧弱なオッサンの脚力では、もがいてもフレームが負けること無く、漕いだ力は全て推進力へ変換され、頑張れば頑張るだけ加速していってしまって、どんどんとハイペースに...
私の場合ですと「いい歳こいて...」って感じの走りになりそうです。

アルミフレームゆえに軽快な走りとは引換に、リアの突き上げ感は若干気になりますが、でも、それ程長距離でなければ、メリットである「軽快感」が勝ります。

サイズ的には、今回試乗したサイズ530はトップチューブ長550mm。
身長168cmの私にはちょっと大きいかなといった感じですが、ラインナップは460-500-530ですので試乗したサイズ530が一番大きなサイズ、メーカー(輸入代理店)的には「ちょっと小さめのサイズで乗ってね」 ってことでしょうか???
たしかに、価格帯的にはエントリーグレードなので、「ハンドルバーが近めのアップライトポジションで」というのも分からないでもないですが、でも、これだけの走行性能ですから、しっかりと前傾姿勢をとって、スポーティーに走った方がよいのではないかと感じました。
で、身長168cmの私がもしこのバイクを買うなら...迷った末に、サイズ530を選んでステムを短くするかなと。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:matsumoto

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読