HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第126回★サイクルメーターは素敵なツール

投稿者:DJ GALAPA

第126回★サイクルメーターは素敵なツール

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。

あっという間に1月も終わりに近づいてきました。
今年の冬は本当に冷えた~という感じの日、少ないですね。
雪も京都に限って言えばまだ京都市内ではどこも積もってないみたいだし。

交通機関が麻痺しないのはいいですが、雪積もったらマウンテンでちょっと山に入ったら楽しいのにな~って思っている方も多いかも?(笑)

そういう楽しみが少ない冬ですが、ロードに乗るにはいいかもって感じですね。

毎日同じだけ、あるいは強度をあげてトレーニングする、できるのは、レースに真剣に取り組んでいる方じゃないと難しいかもしれませんが、ぼちぼちと、でも、続けていると、段々と違う世界が見えてくるものです。

最初はギアの変え方もおぼつかない状態からでも、徐々に慣れてくると登りや下りでギア選択を自分でできるようになったり。

レベルアップがどんなに小さなことでもすぐに感じられるのが自転車のいいところだなあと思います。

唐突ですが、みなさんは、サイクルメーターを使ってますか?
このレベルアップを実感するツールとして、サイクルメーターはとても素敵なツールのひとつ。
しかも最近はいろんなことができるものやネットでつながっているものなど様々なものがあります。

emeters(イーメーターズ)もそのひとつ。
取り付けて走ると、走行距離、スピード表示のほかに消費カロリーなども計算してくれます。
さらに、走って帰ってきたらパソコンにつないでデータをアップすると(しかもほとんどワンクリックで操作は終わります)、グラフが作れたり、ウェブサイトでコミュニケーションしたり、走ったことが「形になる」のはとても楽しいものです。

もちろん、今までからあるような自転車に取り付けて積算していくタイプのものも手軽でいいですが、何と言ってもこの「データが蓄積していく」というのはとても大切。

ダイエットでも、ちゃんとグラフを作ったり、記録していくとかなりの確立で成功するそうです。

イーメーターズはブリヂストンの自転車に標準装備されているものもあるみたい。

もちろん、単体で購入することも可能です。

そういえばかつて私は「ペダルの回転数」の出るタイプのメーターをわざわざ選んで使っていました。
スピード重視ではなく回転数を維持することで有酸素運動の目安にもなるし、回転数を維持することで乗り方がとてもうまくなったのを覚えています。

私の息子は自分の自転車のメーターで積算される距離をとても楽しみにしていました(今は残念ながら電池が切れてしまっていますが・・・早く換えてあげなくちゃ)。

たかか数字、されど数字。
目標を立てて記録していくことは自転車も楽しく続けられるひとつのポイントかも。

そんなにバリバリじゃないからメーターなんて・・・なんて思わずに、普段のサイクリングから是非メーターも一緒に出かけて、自転車を楽しく続けてみてはいかがでしょう?

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読