HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第120回★健康第一!冬のウェアは慎重に選びましょう・・・

投稿者:DJ GALAPA

第120回★健康第一!冬のウェアは慎重に選びましょう・・・

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。

ちょっと更新のタイミングが遅くなってごめんなさい。
何と、風邪がしつこくなおらず、日曜日に寒風吹く長良川でチャレンジリーグの最終戦を1日楽しんだあと、また布団に直行になってしまいました。。。

というわけで、今、枕元にパソコン出してこの文章書いています(^^;)

体調を崩すときっていうのはまず抵抗力が落ちてるといわれますが、合わせて体温を調節するための自律神経をうまく働かせるために、あまり厚着をしすぎないのがいいといわれますよね。

って私は11月しょっぱなに風邪ひいたとき、まさにそれを守らなかったからで、あたたかいけど、寒くなるかしれない、と、上着にウィンドブレーカー系の防水(撥水)のものをずっと着ていて大いに汗をかいてしまったのでした。

これ、駄目ですね。

自転車用のウィンドブレーカーは、風をはらまないようにサイドがメッシュタイプになっているものがメジャーですが、これは風をはらまないと同時にベンチレーションがうまく考えられているんだなあと改めて思いました。

自転車に乗っているときは運動しているわけですから、走り始めてだいたい10~15分くらいから身体の内燃機関も働きだしてぽかぽかしてきます。
それで止まって休むと今度は汗をかいてしまったりするわけで。

夏よりも、そういう意味では冬のほうが、着るものの調節が大事だなあと改めて思いました。

ちなみに、服を重ね着して暖かく過ごすコツは、吸湿性のよい下着と上着の間に空気の層を作ってやることだそうです。
ぴったりしているより、ふんわり、のほうがいいことも。

布団を着るときも、フリースなどのブランケットは実は(肌触りいいですけどね~)掛け布団の上からかけるのが正解だとか。

なんにせよ、寒さを防いでなおかつ、身体を汗で冷やさないように、というのが大切ですね。
サイクルモードでもたくさんのウェアが出品されていたようですが、素材も含め、どんどんよくなっているみたいですから、是非自転車ウェアの冬物も新しい装いにチャレンジしたいですね~

って私はその前に今日明日でこの風邪をなんとかしないと・・・。
健康第一!身にしみてます!!!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読