HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

KENDAのタイヤ

投稿者:matsumoto

KENDAのタイヤ

Pocket
LINEで送る

スタッフ松本です。

春がやってきました!?暖かいです。サイクリング日和です。

このスタッフ日記なんですが、見ると「自転車にまつわる話」を書くことになってるような雰囲気ですが、私の場合、脱線が得意なため、自転車以外の話もバンバン書いていきます。
突っ走ります。私だけは許してください。

でも、今日は自転車の話…

オススメのパーツの紹介でもしてみようと思います。バッチリの商売モードです。

私の場合、一応MTBが専門分野です。20年位前から乗ってるので日本のMTB黎明期から乗っています。
しかしながら、脚力は万年へたれの貧脚ライダー、下ってはビビり、上ってはヘタるというどうしようもないヤツです。
一応、DH、XCともにやりますが、現在はどちらもファンライダー。レースには出ません。

最近はどちらかといえば、自分が使うハードウェアには無頓着になったのですが、ここ最近、気に入って使ってるモノが有るのでご紹介致します。
KENDA Karma DTCです。ずばりサイズは26×1.95がイイ!!XCライド~通勤までコレだけでこなしてます。
http://www.qbei.jp/product_info/product/5549/

重量460gと割と軽量でノブは低めなため、舗装路でも割と軽い乗り味。DTCコンパウンドで耐摩耗性もわりとあります。

で、スペックだけを見るともっと軽量なタイヤはハイグリップなタイヤはいくらでも有るのですが、私のお気に入りポイントはそのバランスです。
比較的軽量、オン・オフ共に軽い走行感、限界は高くは無いものの路面状況を確実に伝えてくれる必要十分なグリップ力。そして価格。

雑誌などのインプレではどうしても、際立った性能を持つ商品が紹介され、高い評価を得るのですが、このタイヤはその逆ですね。

性能の何れもが1番では有りませんが、そのどれもが高次元で達成されています。

もちろん、用途により向き不向きは有ると思いますが、クロスカントリー系トレイルライド~XCレースでは一度試してもらって損は無いと思います!!

ちなみに、雑誌のインプレなどと違い、自分でお金を出して買って使った感想です。

惜しまれる点はグリップ性能に優れるstick-Eコンパウンドがなくなったこと、是非、復活を期待します。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:matsumoto

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読