HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第117回★冬スポーツも自転車♪

投稿者:DJ GALAPA

第117回★冬スポーツも自転車♪

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。

風邪、引いてませんか?
インフルエンザももちろんですが、風邪も気をつけなきゃいけませんね。

というのも、私がここ数日、風邪みたいでかなりぐたっとしているからで。

関西シクロクロスが始まって最初の1週間が結構バタバタっと忙しくって、今までの流れで過ごしていたのですが、ここで1週ちょっとゆっくりできる感じになっていて、ふと気が緩んだら途端ですね。

気をつけなきゃいけません。

先週のシクロクロスは滋賀県のスキー場、マキノで行われました。
スキー場なので、結構広い草っぱら~なんですが、これが走ってみると結構重たい!

さらに、コースに作ったところには、山特有の細い丸太を埋め込んだタイプの階段が!

誰が呼び始めたか通称「ゾンビ階段」。

階段自体は頂上まで200段(一緒に下見に連れて行った下の子が数えたいっていうもんだから・・・私も登りましたよー・・・)あるんですけど、それを62段まで登って山肌へ出て、キャンバー走行(斜めのところを走るやつですね)して、どーんとダウンヒルをするセクションがありました。

階段はしんどいし、キャンバーとダウンヒルは歩くと怖~いくらい土がモロッモロで崩れて歩きにくいところ。

でも(階段登りはもちろん自転車を担ぐわけですが)、キャンバーと下りは歩いて怖いところを自転車で走るとこれが結構走れたりするから不思議です。

そう、これが自転車の楽しいところ。

山へマウンテンバイクなどで遊びにいった方ならお分かりかもしれませんが、山道ダートを下っていくのって、実は自転車だと結構イケイケでいけちゃうんですよね。

歩いて降りるとかなり怖いところでも、自転車なら平気。

最初こそ怖いですが、スピードをコントロールしつつ(といってもある程度スピードが出ていたほうが安定しますが)、どどどっと下ってしまったほうがむしろ楽だし安定します。

なのでいっちばん最初の「えいいいいっ!」という気合いというか、何と言うか、第一歩、ヒトこぎさえできれば、その先には楽し~い世界が待っているわけです。

もちろん、無茶はいけませんが。

私も何度か、「わわわわわっ」って思ったまんま、ひっくり返って前転したり、崖落ちしたり、いろいろしました(苦笑)。

崖落ちのときは、なんと、狭い道で山側に足をつけばいいものを、谷側に足をつこうとして、バランスを崩し、さらに自分の足の下に地面がなくて(狭かった・・・)、そのままくるんと90度反転して、しかもお尻から落ちてしまったという・・・(^^;)

幸い、下が杉の枯葉でかなりフカフカだったことと、すぐに木があって止まったのですが、かなり登ってきたあとだったので、「これせっかく登ったのに~。。。」と思った瞬間止まってほっとしました(なんか論点が違うようにも思いますが・・・笑)。

ダートを走る時の基本は、「無理をせず、でも、ちょっとイケイケで」だと思う私。
もちろん、ハイカーの方も楽しまれる山の中はちゃんと注意を払って暴走しないことが基本ですが、暴走するのでなくっても、できるだけ、乗って下ってみる!とか、チャレンジがあるとないとでは大違い。

以前、一緒にダートに行った方が最初、怖くて怖くて、どこもかしこもすぐに自転車を降りてしまって押していってしまったことがありました。
とにかく怖い、ということでしたが、サドルを下げて、前と後ろに人がついて、ゆっくりゆっくりから始めて徐々に走っていくと、不思議!最後にはかなりイケイケでダートを楽しめるようになっていらっしゃいました。

「下り、押して下っていたときは、なんでこんなことを、って思ったけど、すごい!おもしろい!」と最後にはもうどっぷりとはまって(笑)。

これから冬に向かって寒くなってくると、ロードはちょっと厳しいな~という方もいらっしゃるかもですが、そういうときこそ、近くの河原や山へ出かけてみるのはいかがでしょう?

雪が降っても、ダートは楽しめますよ~。

ところで、私はいまだに、スキーはちゃんと習ったことがないんですが、まあ、行けばそれなりに滑れます。生まれて始めてスキーに行ったハタチすぎのころ、マウンテンで山を下るのに慣れていたせいか、最初から斜面が全然怖くなくて、すごいスンナリと滑れるようになったんですよね~。

一緒に行った方がやったことないっていってたのに、あまりに斜面が平気なのでびっくりしていた記憶があります。

逆に言えば、スキーとかスノボが得意な方はダートの下りは結構いけるかも?

ウインタースポーツシーズンですが、そこに是非!自転車も加えて、今年の冬を楽しんでくださいね~

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読