HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

もうすぐ春...

投稿者:matsumoto

もうすぐ春...

Pocket
LINEで送る

皆様、はじめまして(?)。自転車のQBEIの松本です。

メルマガや皆様からのお問い合わせの返答もさせて頂いておりますので、ご存知頂いている方もおられるかも知れませんが、スタッフ日記は初めてですのであらためてよろしくお願い致します。

今年は本当に暖冬で過ごしやすいですね。こちら京都(市内)では殆ど雪は降らず(今朝少し降りましたが…)に節分を迎えることになりそうです。
明日は節分、いよいよ、暦の上では春です。
寒さはもう暫くの間はそれなりに厳しいでしょうが、毎日少しずつ日が長くなり、日差しも春の面影が見られるようになってきます。

こちら京都では例年梅の開花は2月下旬頃で、満開は3月頃だと思うのですが、今年は少し早いかもしれませんね。

京都の梅の名所といえば北野天満宮や二条城、京都御苑(御所)などが有名ですが、いずれも京都市内の比較的に真ん中あたりに位置するので、自転車で回ってみるのもイイと思いますよ。

自転車でサイクリングというと、一般の方にとっては自宅から自転車で走っていく…といったイメージしかないかもしれませんが、実はスポーツ用自転車の場合、自転車をバッグに入れて電車に乗って遠くの見知らぬ地を自転車で走って楽しむ方法があります。
「輪行(りんこう)」(←普通には変換しません…)と言います。

普通の自転車(いやゆるママチャリ)と違い、スポーツ用自転車は殆どが車輪を工具なしで簡単に取り外しが出来るように設計されています。
元々はレースで素早く車輪交換を行なえるように開発されたのですが、その便利さからレース用ではない多くのスポーツ車にも採用されています。

取り付け外しは最初は少々戸惑うかもしれませんが、慣れると簡単に行なえます。
慣れれば1分かかりません。

輪行する際には自転車の前後輪を外した後、「輪行袋」という専用のバッグにバラバラの自転車を入れます。コレも慣れれば5~10分程度で出来ると思います。
少々サイズは大きいですが、まあ、駅の構内をウロウロするくらいなら何とか持ち歩けるかと思います。
女性の方でも根性だしてもらえればOKだと思います。
それでも無理な女性の方は男性をお誘い合せの上、お出かけ下さい。普通、男性は女性に誘われると断りません。もちろん「輪行袋をもって欲しい」とお願いすることも許されるハズです。
あ、ニッコリ笑顔はお忘れなく。

で、めでたく輪行袋に入れた自転車を電車で運びますが、昔は手荷物料金が必要だったりしたのですが、今はJRなどでは不要です(一部、そうでない場合も有るかもしれませんので、予めご利用の交通機関にご確認下さい)。
改札機にぶつけないように注意してください。

それと、何とか持ち歩けるサイズといっても、それなりに大きな荷物には違いないので、ラッシュ時など電車が込み合ってる時間帯・車両は避けるのがコツですし、大きな荷物を電車に載せる以上は周りの方への配慮・マナーはお守り下さい。
決して通路や入り口を塞ぐような置き方はしないでくださいね。

輪行をつかうと、結構、遠いところまで出かけることが出来ます。

京都からですと、兵庫県や奈良県などは日帰りでものんびりと走ることが出来ますし、新幹線をつかったり、1泊したり、その気になればもっと遠くへも足を延ばせます。

見知らぬ土地をのんびりと自転車で走る…
カーナビもカーステレオもなく、エンジンにも頼らず、地図をみながら景色を楽しむ。
帰り道は電車に揺られ、綺麗な景色を思い出しながら、ちょっと疲れた身体を癒す。

そんなサイクリングに一度チャレンジされては如何でしょうか?
是非、皆様も春の京都で梅の花を見ながらサイクリングを楽しんでいただければと思います。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:matsumoto

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読