HOME / 

Bicycleインプレッション / 

2010年モデル GIANT(ジャイアント) GLIDE R3(グライド・アール…

2010年モデル GIANT(ジャイアント) GLIDE R3(グライド・アールスリー)に乗ってみました!

Pocket
LINEで送る

2010年モデル続々発表で
自転車ブームがさらに激化する予感。
一部の人の道楽的な位置づけだったスポーツ車が
今では街のあちこちで走ってます。
年配の方が来店されて
「運動不足解消のためにスポーツ自転車で通勤を・・・」なんて時も
スポーツ車が、昔よりグッと身近な乗り物になったことを実感しますね。

そんな時に、いつもオススメしているのが
GIANTのGLIDE R3!

GIANT GLIDE R3 S(465mm) WHITE

この自転車、一番の特徴は
フロントフォークとシートポストに搭載されたサスペンションと
2010giantglider3-009.jpg 2010giantglider3-010.jpg
700×38Cの太め、かつ路面抵抗の少ないスリックタイヤ。
2010giantglider3-006.jpg
これらの装備が通勤コースに立ちふさがる様々な障害を乗り越えて
お客様に快適な自転車ライフを約束してくれるはず!
・・・なんですが
今回は、お客様にもっと自信を持って勧められるよう
2010giantglider3-003.jpg

実際に乗ってきました!

コースは音羽川沿いにブラブラ~という感じ。
軽量アルミフレームと凹凸の少ないタイヤのおかげか
サスペンションなどで、ガッシリした外見のわりには
そこまで重い感じもせず、スイーッと走ってくれます。
見た目はマウンテンバイクっぽいですが
ギア比はどちらかというとクロスバイクなので
あんまり急な上り坂はさすがに・・・とも思ったのですが
軽めのギアを使えば、意外にスイスイと進んでくれました。
これなら通勤だけといわずに
「休日には、ちょっと山を越えて遠出してみようかな。」なんて方も
十分満足していただけそうです。
ちなみにギアは前に3段、後に8段の24段変速です。
2010giantglider3-005.jpg 2010giantglider3-004.jpg

ですが、やっぱり今回は「通勤に使う」ことを想定しているので
歩道と車道を行き来しながら、少し荒っぽく乗ってみましたが
ここで二つのサスペンションが、その力を発揮。
なかなか快適な乗り心地を提供してくれました。
細めのタイヤだと、歩道に乗り上げる時に
パンクするんじゃないかと、ちょっとビクビクしてしまいますが
これなら、安心して街中も走れそうです。

という感じで
気分よく帰ってきました。
これで、今までより、もっと自信たっぷりにGLIDEをオススメできそうです。
このGLIDE R3ですが
メーカー定価¥57750のところ店頭価格¥51800にて販売しております。
(ちなみに、ネットでの取り扱いはしておりません。申し訳ない・・・)
色は、ホワイト・ディープレッド・ブラックの3色
サイズも、XXS(380mm)、XS(430mm)、S(465mm)、M(500mm)からお選びいただけますので
お客様にぴったりの一台が、きっと見つかるはずです。

試乗も承っております。
今回、私が感じた爽快感を、お客様も是非一度味わってみてください。

もちろん他メーカーの2010年モデルの予約も受付中
さらに今なら、数メーカーの2009年モデルを特価で販売しております。
自転車をお探しなら、是非自転車のきゅうべえ 修学院店へ御来店下さい!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:qbei

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読