HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

BRUNOブランド紹介

投稿者:qbei

BRUNOブランド紹介

Pocket
LINEで送る

日常に「旅」を。

「旅」と言っても、1時間、1日、1泊、1週間、1ケ月…旅の捉え方は人それぞれ。

通勤時間や、買い物に行くちょっとした時間にもワクワクを見つけるチャレンジをすればもう立派な「旅」です。

Brunoは、それぞれの「旅」に合わせた「道具」としての自転車ラインナップを揃えています。

人生の中にワクワクを見つけるための相棒にピッタリ!

あなただけの「旅」を見つけてみませんか?

 

あなたの「旅」を応援するBURUNOならではの取り組みをご紹介します!

 

Tour de Nipponin in宮古島

『地上で読む機内誌』がコンセプトのPAPER SKYプレゼンツの楽しいライドイベントTour de NipponをBrunoがサポートしています。

こちらは、なんとBrunoがスポンサーとなって開催している企画なんです!

自転車で ふれる 感じる
日本の魅力 再発見の旅プロジェクト
人から人へ、ニッポンの大事なヒト・モノ・コトを
少しずつ、確かに、伝えていくプロジェクト

Brunoのようにイベントを企画するブランドは、とてもレアなんです。

こちらの企画では、Brunoの自転車を使用してサイクリングを楽しみます。自転車は貸し出し可能なので、Brunoユーザーでなくとも大丈夫なんです。

宮古島の他にも、十勝や浜松など毎年2~4回程全国各地の様々な場所へ旅を企画しています。

 

皆さんとっても楽しそうですね♪

毎回、大好評なので応募が殺到するそうです!!

 

お弁当×サイクリング BENTO RIDE

BENTO RIDEとは…?

Bento=お弁当。このイベントは、

1、お弁当のおかずをさがしてサイクリングする
2、公園でピクニックしながらお弁当箱におかずを詰める
3、オリジナルのお弁当を完成させて「Bento大賞」を目指す!

……という、かなりゆる〜い内容です。

速さや距離ではなく、「完成したお弁当の素敵さ」を競います。

 

BRUNO×cycle BENTO RIDE 5 in Sakai開催決定!

季刊紙cycle紙とBrunoのコラボイベントである「BENTO RIDE」。

今回の舞台は、自転車のまち・堺です。

堺市では、安価に借りることが出来るコミュニティサイクルが、市民や観光客の間で人気を集めています。

その利便性の高さから、市内では至る所でコミュニティサイクルサイクルの利用者が目にとまります。

イベントの概要として、

 

・特製弁当でランチタイム

・寄り道して和菓子を購入

・振る舞いのお茶でティータイム♪

・ラクチンなワンウェイライド(行き:長居公園~浜寺公園 帰り:阪堺電車で天王寺まで戻る)

 

スポーツの秋・食欲の秋にぴったりイベントですね♪

ご予約方法は季刊紙cycle様のHPをご覧ください。

 

風景にマッチするデザイン性の高さ

Brunoの自転車は、北欧ならではのモダンなデザインで、旅先の素敵な風景ともマッチしてくれるんです!

デザイン性の高い自転車は、乗る人の気分も上げてくれます。

ツーリングだけでなく、街乗りにも活躍してくれます。

軽量設計なので、持ち運びにも便利です。

また、ハンモックのような構造で上質な乗り心地を提供してくれます!

 

Parfect Travel Partner

使用目的やシーンに応じて選べる、Brunoのラインナップ。

あなたにピッタリの旅のパートナーがきっと見つかるはずです!

 

終わりに・・・

BrunoのHP↓

Brunoのinstagram↓

Brunoが気になった方は、上記の画像をクリック!!

BrunoのHPとinstagramにとびます。

楽しい旅の様子も満載なので是非ご覧ください♪

2019年モデル Bruno(ブルーノ)商品紹介ページがこちら♪♪


Pocket
LINEで送る

投稿者情報:qbei

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読