HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第110回★シルバーウィークのレース二様

投稿者:DJ GALAPA

第110回★シルバーウィークのレース二様

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。
9月にやってきた大型連休シルバーウィーク。
みなさんどんなふうに過ごされましたか?

おりしも運動会シーズン。
スポーツにはもってこいな時期の連休ということもあって、アクティブに過ごされた方も多かったのでは、なんて思います。
それにしても、高速道路の渋滞のすごかったこと!
私は、このシルバーウィーク期間中に2つのレースにお邪魔したのですが、移動の渋滞が酷く、選手の方たちもなかなか会場にたどりつけなかった、という声をたくさん聞きました。
移動の費用が安くなったのはいいのですが、今までにない渋滞に翻弄されたなという感想です。

さて、そのお邪魔した2つのレース。
ひとつは、全日本実業団のトラック大会。
9月のはじめにあった全日本実業団ロードに続いて、トラックの全日本実業団です。
トラックレースはたくさんの種目があり、ルールを知らないと、二人で走ったり、たくさんで走ったり、競走のはずなのに、お互いにらみ合ってゆっくり走っていたり、何がなんだかわからないものですが、いったんルールがわかってしまうととてもエキサイティングで楽しく、引き込まれてしまいます。

一宮競輪場で行われた今回の大会は、場外開催が同時に行われていたため、競輪のファンの方がたも来られていたのですが、競輪のファンのみなさんは、当たり前ですが、競輪はどういうものかよくご存知な一方で、こういうトラック競技のさまざまな種目についてはあまり目にされることはない方が多いようで、最初は「何やってんだ~」とか、「よくわかんね~な~」なんて声も。
でも、徐々に見ていてルールがわかってくると、結構エキサイトして応援してくださっていました(^^)

やっぱり百聞は一見にしかず。
実際に目の当たりにすると、なるほど~へえ~なんて、だんだんとわかっておもしろいトラック競技。
一度機会があれば見たことのない方も見てみてくださいね。

そして、2日間このトラック競技をお手伝いして、次に向かった先は、鈴鹿サーキット!
こちらも2日間のイベントでしたが、内容はぜんぜん違って、「耐久レース」。
要は、設定された時間でどれだけ走れるか、にチャレンジするもの。
ソロで走られる方もあり、チームで走られる方もあり、使う自転車も、ママチャリからロードまでさまざま。
チームも会社のチームあり、家族あり、カップルあり。
とにかく勝負はモチロンですが、みんなでわいわい自転車で思いっきり走りましょう~というイベントです。
しかも、設定時間が、最長10時間!
一日中走り続けるお祭りです。
たくさん走られたチームで、走行距離はトータル400キロを超えていました!

もちろん、真剣勝負な面もありますが、それよりも、みんなでワイワイ、の要素が強いので、みんなニコニコです。
中には(結構たくさんの方が)、この日のために用意されたコスチュームで思いっきりアピールしながら走られていたりして、楽しくって。
毎年、その年としでブームな仮装があるのですが、今年はどういうわけか?ガチャピンがブーム。
たくさんのガチャピンがいましたよ~
あとは、これもどういうわけかマリオやらのゲームキャラ。
ほかには、恒例な感じの戦隊モノやヒヨコやハムスターや河童や・・・。
それで何時間も走るんですから異次元というか異世界というか(笑)
だから耐久って楽しいんですけどね。

今年はインターハイでも新しくなった鈴鹿サーキットに来ていて、今回また鈴鹿にお邪魔して、10月のF1開催のためにリニューアルされた鈴鹿サーキットに、F1の前に2回もお邪魔しちゃいました(^^)
私も2日間で20時間ほど喋り続けた耐久レースでしたが楽しませていただきました!
もしも、「自転車レースって、興味があるけれど、なんか怖そう~」なんて思っている方がいらっしゃったら、耐久レースはお勧めですよ~
お友達や会社のお仲間で一度チャレンジしてみてはいかがでしょう?

そんなお祭り気分満点だったシルバーウィークもあっという間に終わってしまい、私は今、新幹線の中からこれを書いています。
現在移動中。
目的地は新潟です!
国体ですよ~
魚沼で行われるロードレースを皮切りに、弥彦競輪場でのトラックレース。
なんかまだ若干疲れ気味ですが、だんだん新潟が近づいてくるにつれてテンションあがってきました!
国体の様子はネットなんかでも見られる?と思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね(^^)

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読