HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

Scott(スコット)2010年Newモデル展示会

投稿者:matsumoto

Scott(スコット)2010年Newモデル展示会

Pocket
LINEで送る

スタッフ松本です。

本日、2件目の展示会は新大阪で行われたScott(スコット)。

現在の超軽量カーボンフレームの流れをいち早く採用したブランドだと思います。
で、その超軽量カーボンフレームの先駆け的モデルであるCR-1

登場した時にはその重量はもちろん、性能にもずいぶんと驚いたものですが、時が経つにつれ、その感動も薄れ、他のブランドからも魅力的なモデルが追随し、いよいよ、モデルチェンジを首を長くして待っていたら...
Scott(スコット)CR-1 ProScott(スコット)CR-1 Pro
モデルチェンジいたしました!
シートステーの形状がずいぶんと変わりましたね。フレーム単体の重量は980g。
Scott(スコット)CR-1 ProScott(スコット)CR-1 Pro
価格はフレーム単体で定価¥228,000-、シマノアルテグラの完成車で¥399,000-のお買い得プライス。
縦方向には振動を吸収し、横方向には剛性アップと、見るからに期待が膨らむモデルチェンジです。
担当者もまだ試乗はしてないって言ってましたけど、早く乗ってみたいですね。

完成車はHMFフレームですが、フレーム販売のCR-1 SL
Scott(スコット)CR-1フレームScott(スコット)CR-1フレームBB周辺Scott(スコット)CR-1フレームリアブレーキ取り付け部Scott(スコット)CR-1フレームリアディレーラーハンガーScott(スコット)CR-1フレームBB後部
上位グレードのHMXを採用し、HMFフレームに比べて120g軽量な860g。
価格は定価¥360,000-
アディクトR1のフレーム(定価¥368,000-)との価格差もほぼなくなり、上位・下位というよりも乗り味の違いによるチョイスということになりそうです。
早く、その違いを乗り比べてみたいっ!!

トライアスロンモデルとしてラインナップされるPlasma(プラズマ)シリーズは完成車で3モデルのラインナップとこの手のバイクとしては結構な力の入り様。
Scott(スコット)Plasma20
Scott(スコット)Plasma20Scott(スコット)Plasma20
そのままで大会へ出場できる十分なスペックで定価¥520,000-
フレームの価格じゃなく、完成車の価格です。
また、180度雰囲気を変えて、街乗りに目を向ければ、人気のSUBシリーズにはおもとめやすい末っ子
Scott(スコット)SUB40
img_7666.jpg
が登場。こちらはすでに先行予約を受け付け開始しており、今月~来月くらいには初回便が入荷予定です。
プロチームの活躍と共に、2010年注目のブランドとなりそうです。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:matsumoto

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読