HOME / 

2018年 / 

【ビアンキ 2018年モデル】フォーミュラーカーのような情熱カラーのインテンソ

投稿者:mc2

【ビアンキ 2018年モデル】フォーミュラーカーのような情熱カラーのインテンソ

Pocket
LINEで送る

インテンソの特徴


INTENSO(インテンソ)はビアンキのカーボンロードバイクの中でもロングセラーを誇る、エンデュランスロードバイク。
ヘッドチューブとホイールベースを長くとって、アップライドで直進安定性に優れてた、エンデュランスバイクのお手本。
ケーブル類はフレームに内装されているので、ハンドル周りのワイヤリングはとってもスッキリしています。

ちなみに、ワイヤー交換の難易度は・・・中程度くらい。

メンテナンスの腕に自信のある方はぜひ挑戦してみてください!

チェレステが一切ない!レーシングカーのようなカラーデザイン

真っ赤なビアンキ Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル INTENSO TIAGRA (インテンソティアグラ)

ご購入はこちら


近年、誰もが知るあの超高級自動車メーカーのフェラーリとのコラボが決定したビアンキ。

それを狙ってか2018年モデルにはビアンキのトレンドカラーを一切廃した情熱的なレッドカラーデザインが登場!ロードバイクでは発表されたばかりのエアロロードARIA(アリア)とエンデュランスロードのINTENSO(インテンソ)で展開。

フレームにはチェレステカラーが一切なく・・・

 

凄く走りそうな雰囲気がぷんぷん漂わせています!

BBは信頼性の高い”ねじ切り”タイプ


高い防塵、防水性をもちメンテナンス性に優れたネジ切りBBはいつの時代も人気が高い。

もちろん、PFタイプ(プレスフィットタイプ)のメリットである、軽量で高い剛性も魅力的ですが、やはり長く使うことを考えると・・・悩ましいところ。

ケブラー繊維を挿入した、エンデュランスに適したカーボンフレーム


フロントフォーク、バックフォーク一部には、カーボン繊維より振動吸収性に優れたケブラー繊維を使用。

塗装の間からチラリと覗いているのが良い感じ。

見た目は重要。

コンポーネントはシマノで統一


コンポーネントは初心者でも安心、満足のTIAGRA(ティアグラ)をアッセンブル。
クランクの歯数は50/34Tのコンパクトクランク。リアはワイドレシオの11/32Tで設定されています。

ペダルはスタッフの私物です。
実際の完成車にはペダルは付属しないので、予め持っていない人は購入する必要があります。

 

インプレッション(試乗)


まずインプレッションといえば剛性が~とかですね!
剛性感?についてですが、レースの為にトレーニングを沢山して、ガンガン踏み込みような人でなければ硬いとか~柔らかいとか~あまり気にならないかも。

ちょっとした凸凹した路面を走ると、フレーム内でブルブル~と響くような感じがして「あ、カーボンフレームの自転車に乗ってるな」という感じの硬さですかね!(どんなんやねん!)

体重を乗せて思いっきりペダルを踏みこむと、なんとなく下から力が返ってくるような感覚はあります。
初めの方に述べたようにヘッドチューブが長くてアップライドなポジションなので、リラックスなポジションで走ることができます。

毎日走るとかではなく、月に1~2回ちょっと長めのサイクリングがしたい!という人にとっても良いです。あと、腰痛持さんにも優しい。
ギア比はリアが32Tのコンパクトクランクなので、山でも平地でもどんとこい設定。この辺りは一杯走りまくってから変えてしまえばいいのです!(上のグレードにね!)

【総評】こんな人向けの自転車です

・ビアンキが好き!

・出来るだけ予算を抑えて、フルカーボンフレームに乗りたい!

・レースはその内に。普段はサイクリングがメイン!

・イタリア好き!フェラーリ好き!

・ロードバイクは早く走るより、長く乗れるヤツがいい!

この中で、2つぐらい当てはまった人はぜひおすすめ!
よろしくお願いします٩( ‘ω’ )و

Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル INTENSO TIAGRA (インテンソティアグラ)

ご購入はこちら

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:mc2

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読