HOME / 

Bicycleインプレッション / 

【カーボンフレームで】Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル SEMPRE…

投稿者:吉田 由真

【カーボンフレームで】Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル SEMPRE PRO SORA 入門セット 【スタートダッシュ】

Pocket
LINEで送る

今回もビアンキですよ!ビアンキ!

冬将軍が到来して朝と晩はすごく寒くなってきましたね……!
京都の冬はまだ未体験なのですが、今からすごく寒くて凍えているスタッフ吉田です((((;゚Д゚))))ガクブル

今回はビアンキのロードバイクをご紹介!

実は以前にもチラッと紹介させていただいたのですが、今回は必須アイテムをそろえた「入門セット」をオススメしていきます!

【Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル SEMPRE PRO SORA】

 

おなじみのチェレステカラーだけでなくビアンキにしては珍しい青系統の「LAPIS_BLUE」カラーがあるのが特徴です。
今回も初心者に向けて特徴をお伝えしていきます!

 

 

軽量カーボンフレーム!コンポーネンツは乗り始めてからグレードアップ!

まず特筆するべき特徴が「カーボンフレーム」ということです!
アルミフレームにくらべて軽量なので漕ぎ出しが軽く登り坂も走りやすいフレームなのですが、少し高価なのが難点、、、

そんな難点を払拭したのが「SEMPRE PRO SORA」!

セット商品でも12万円台という、カーボンフレームにしては破格の安さにてお買い求めいただけるのです!

…というのも、以前このブログでも説明しました「コンポーネンツ」。
これをSORAというリーズナブルな入門ブランドにすることでこのお値段を実現しています。

なのでレースやロングライドには不向き…と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

ですがコンポーネンツはまるごと交換が可能ですので、自分のレベルや懐具合に合わせたグレードアップが可能です!
初期費用は抑えて将来自分でカスタマイズしていきたい方にもおすすめです!

 

サイクリング必須アイテムがセットでついてくる!

ロードバイクは細いタイヤを使っているので、ママチャリと比べてパンクはすごく多いです…。
近所でパンクするのならいざ知らず、何も用意していない状態で旅先でパンクしてしまったら……!

そうなってしまわないように、ロードバイクに乗るときは簡単な修理キットを持っていくのが基本です。

今回はロードバイクを始めるにあたって必要な「七つ道具」をビアンキ純正アクセサリを中心にセレクト!
簡単に内容をご紹介してまいります!

Bianchi 携帯工具

プラスとマイナスのドライバー、6種類の六角レンチが集約しています。
修理だけでなく簡単な調整やカスタマイズはこれで済んでしまいます!

Bianchi タイヤレバー

パンクしてしまったときに、いわゆるタイヤの皮の部分をはがして中身のチューブを取り出すのに必要です。
最初はちょっと難しいかもしれませんが、慣れてしまったらラクです!!

Bianchi チューブ

パンク修理は「シールを貼って処置」と「チューブそのまま新しいものに交換」の2種類あるのですが、こちらは後者です。
パンクしたけどパンク場所が見つからない…とか、出先で処置している時間がないという方におすすめ!
消耗品なので常に手元においておきたいのですが、こちらのセットでは1本サービス!


チューブの交換方法はこちら

自転車のタイヤ・チューブ交換の方法

Parktool スーパーパッチ

こちらはビアンキでなくパックツールの商品。チューブにシールを貼ってパンク修理します。
チューブの交換はお金がかかるし、そのあと大きいゴミも出るし……。
しっかり修理すれば応急処置ではなく、そのまま乗れてしまうのでぜひおすすめです!


チューブのパンク修理方法はこちら

スポーツ自転車のパンク応急処置(出先でのパンク修理)

Parktool タイヤブート

パンクする場所は大きく「チューブ(中身)のパンク」と「タイヤ(皮)のパンク」に分けられます。
チューブのパンクでしたらもってきた予備のチューブを交換してしまえば大丈夫なのですが、タイヤがパンクしてしまうと中身のチューブを交換してもすぐパンクしてしまいます…。
こちらの商品はタイヤの裏側に張り付けて、チューブへの影響を小さくする応急処置キット!
もちろん帰ったらタイヤの交換を推奨しますが、出先でも安心して乗っていけます!


タイヤのパンク応急処置方法はこちらから

必ず習得しておきたいスポーツバイクの応急処置【タイヤの穴のふさぎ方】

Bianchi ミニポンプ

パンク修理に絶対必要なミニ空気入れです。
ボトルケージに台座を取り付けることですぐ使えます。
目に見える部分にありますので、ビアンキの純正アクセサリを使うとよく映えますよね!!
普通の空気入れほど多く入れられないので、後でフロアポンプで空気を入れるのをおすすめします!

Bianchi ツールケース

これらのツールを入れるケースももちろんビアンキ純正!
ボトルの形をしているので、2つあるボトルケージに入れることができます!
サドルバックと違って見栄えもよくなります!


いかがでしょうか?
今回も初めてロードバイクを購入する方に向けてスペックやフレームではなく、セット内容のご紹介をメインにさせていただきました!

ビアンキからも「カーボンフレーム購入応援キャンペーン」として公式にキャンペーンをしておりますが、バイクだけ購入した後7つ道具を揃えてくのも一苦労ですのでこの機会にぜひご活用ください!!

こちらの商品は2018年モデルですが、キャンペーンは在庫なくなり次第終了ですので完売が早いかもしれません。ご購入はお早めに!(`・ω・´)

【Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル SEMPRE PRO SORA】入門セットはこちら

【Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル SEMPRE PRO SORA】本体のみでも販売しております!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:吉田 由真

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読