HOME / 

Bicycleインプレッション / 

【ビアンキ 2018年モデル】今年はリムまでチェレステカラーのローマ4!

投稿者:mc2

【ビアンキ 2018年モデル】今年はリムまでチェレステカラーのローマ4!

Pocket
LINEで送る

今回はクロスバイクの大定番!ビアンキのローマ4を紹介!

BIABCHI ROMA4

商品ページはこちら
2018年モデルのローマシリーズで唯一Vブレーキを採用したモデル。VIA NIRONE7(ヴィアニローネ7)等と同じく、基本のフレームはカラーデザインは異なるものの、2017年と同様物を使用されています。アッセンブルされるパーツはマイナーチェンジしています。

ホイール


真っ先に目に飛び込んでくるのはこのホイールですよね!これでもかというくらいにチェレステカラーに染まったホイールリム。デカールなども一切なくチェレステ1色です。ここまでチェレステカラー推しは初めてかも。

(※カラーによってチェレステカラーではないリムもあります!)

ワイヤリング


ローマシリーズではシフトワイヤーがフレームに内蔵されます。内蔵されることで見た目もスッキリになるだけでなく、外からの汚れなどから干渉しにくくなっています。また、メンテナンスがネックになりがちな内装式ですが、ローマシリーズはBB下のワイヤーの出入り口が広くなっていて、比較的にワイヤーが通しやすいんです

グリップ


グリップは今までになかった、凹凸の激しい3Dグラフィックのようなものになりました。握り心地は独特ですが、悪い感じはしませんでした。

ペダル


アーバンユースを想定して、踏みやすい幅広デザインに変更されました。ペダル表面は紙やすりのようなザラメ状になっていて、グリップ力が高いです!

サドル


サドルにビアンキ創業の”1885″の文字がプリント・・・からの~

 

 


裏面はチェレステカラー!

(※カラーによってチェレステカラーではないサドルもあります!)

 

詳細画像

商品ページはこちら

2018年モデルの展示会記事はこちらから <<

 

E-mail:support@qbei.co.jp
【24時間受付中!】

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:mc2

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読