HOME / 

2018年 / 

【GIOS 2018年モデル】大人気のクロスバイク ミストラルにクロモリモデルが…

投稿者:mc2

【GIOS 2018年モデル】大人気のクロスバイク ミストラルにクロモリモデルが登場!

Pocket
LINEで送る

誰もが一度は街中で見かけるあの大人気のクロスバイク、ミストラルにNEWモデルが登場!パーツの構成はあまり変化はありませんが、フレームは素材、デザイン共に全くのベツモノです!

今回は入荷したてのNEWモデルの各部位をじっくり見ていきたいと思います!

MISTRAL CR-MORI

商品ページはこちら
 
ノーマルのミストラルには軽量でスポーティなアルミをフレームに使用していますが、新しいミストラルには名前の通り、細身のクロモリパイプを使用。最初に述べたように、バイクを構成するパーツ類は殆ど同じものが使用されています。

デザインも一新された美しいクロモリフレーム

 

 
元々、細身のシルエットのミストラルですが、フレーム素材がクロモリになったことでさらに細く、スマートな見た目になりました。また、通常のミストラルと違って、ロードモデルのヴィンテージと同じようなクラシカルなデザインに変更されています。ホワイトの白抜きに、ゴールドのラインで縁取りされていて上品。男女問わずに使えそうなデザインです。
 

 
チェーンステーブリッジとタイヤの間隔があまりないので、フルフェンダーを取り付ける際は注意が必要です。タイヤを覆うような高さのあるフルフェンダーはつけられないことが多いです。これはアルミフレームのミストラルも同様。どうしてもフルフェンダーを取り付けたい場合は、高さのない板状のフェンダーにするか、シートステイブリッジくらいまで省略されたフルフェンダーを選択するのがいいと思います。

おすすめのフェンダー

 
CURANA(クラナ) clite700(シーライト700)35mm

 
ベルギー発祥のバイクパーツブランド、CURANA(クラナ)のフェンダーは非常に薄く、クロスバイクとの互換性が高い。フェンダー本体がアルミで作られているのでやや高価だが、カラーバリエーションがものすごく豊富。チェック柄や花柄など、アーバンバイクにぴったりなフェンダーを取り扱う。
 
cycledesign(サイクルデザイン) RIGID FENDERS FOR 700C

 
シートステーブリッジあたりで省略されたフルフェンダー。ミストラルのようなチェーンステイとタイヤの間隔があまりない車体に取り付けることができる。フェンダー本体は樹脂製で価格がリーズナブル。
 

 
サイクリングなど、長距離を走行する際には必須のボトルケージ台座が2個設けられています。ボトル2個も使わねーよ!と思われる方もいるかと思いますが、この台座はボトルケージを取り付けるだけでなく、携帯ポンプやバイクロックのブラケットを取り付けたり、ツールボックスを収納したりと以外に使い道が多いのです。一般的なクロスバイクは乗りやすいようスローピングのきついフレームが多いので、シートチューブの台座が省略されがち。台座が2個あるのは貴重。
 

ボトルケージ活用アイテム

 
TOPEAK(トピーク) HybridRocket RX(ハイブリッドロケット)

 
みんな大好き。トピークの携帯ポンプ。最大160psiまで充填が可能だが、実際にパンクした際に携帯ポンプでフルに充填することはめったにない(何百回もポンピングが必要になる)。ハイブリッドロケットは空気を一気に充填できるCO2ボンベのインフレーターとしても使えるため、非常に使い勝手がいい。パンク修理でチューブを入れ込む際に空気を入れる必要のない方は、インフレーターのみでも良い。
 
TNI CO2 ボンベセット
 

 
CO2ボンベとインフレーターがセットになった商品。CO2ボンベは2本ついているので、万が一ミスした際にもカバーできる。ボンベが亡くなった際、CO2ボンベの口がねじ切ってあれば他のメーカーのものも使用することができるが、まれに互換性のないものも存在する。
 
ELITE(エリート) Byasi(ビアーシ) ブラック
 

 
通称、ツール缶と呼ばれるボトル型の収納ケース。パンク修理に必要なタイヤレバーやチューブなど、かさばるものを入れるのに便利。フタと中身以外は通常のボトルとサイズが変わらないので、ボトルケージにそのまま収納できる。
 

自転車を構成するパーツ

ドライブトレイン

 

 
ミストラルと同様、変速はフロント3速、リアが8速で構成されている。クランクの歯数は48/38/28Tと幅広く、ヒルクライムを含むロングライドでもバリバリ活用できる。クランクはこの価格帯のクロスバイクでは割と少数派(コストが上がるから)なシマノ製を採用している。しかし、クランク長は全サイズ170mmで統一されている。サドルポジションはバッチリだけど、足回りがしっくりこないという人は思い切って交換してみるのもいいかもしれません。
 

ホイール

 

 
鉄下駄とも呼ばれる、ロードやクロスバイク完成車に採用されるシマノ製ホイール。重量は前後セットで1900gほど。コスパの良い軽量なロードホイールに比べると300~400g前後重いが、ものすごく頑丈!また、重量があるといっても、安価なメーカーオリジナル組のホイールと比べてもそれほど重量は変わらず頑丈なので、クロスバイクで使用するにはすごく優秀なホイールと思います!
 

ブレーキ

 

 
ブレーキはシマノ製のVブレーキ。近年、ディスクブレーキが流行りですが、ミストラルはVブレーキを採用しています。構造が単純なのでメンテナンスが容易で、補修パーツも安い。Vブレーキは制動力は非常に強力ですが、スピードコントロールは不得意ですので、ブレーキングする際はゆっくりと余裕をもって停止するようにしましょう!
 

ハンドルグリップ

 

 
地図などで見る等高線が模様になったハンドルグリップ。グリップ力は・・・微妙ですがオシャレです。ノーマルのミストラルにも採用されていましたが、年式や入荷時期によって違うものがされたりします。グリップのエンドキャップがなく、耐久性が貧弱なので、横に倒したりするとすぐに切れてなくなったりします。その場合は新しくエンドキャップを購入してつけたり、長距離を走りたい人は手にしっくりくるorコンフォート性能の高いグリップごと交換するのも良いと思います。
 

サドル

 

 
こちらもノーマルミストラル同様のものが使用されています。クッションが厚く、コンフォート性能が高いです。

 

詳細画像

E-mail:support@qbei.co.jp
【24時間受付中!】

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:mc2

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読