HOME / 

自転車メンテナンス / 

<自転車メンテナンス> 自転車の安全装備

投稿者:mechanic

<自転車メンテナンス> 自転車の安全装備

Pocket
LINEで送る

ロードバイクは車道や峠道を高速で走ることが出来ます。身を守る十分な装備を身に着けておかないと、万が一事故を起こしたとき大怪我を負う場合があります。

ヘルメット

ogk_014272_l.jpg

転倒した時、頭部を保護するものです。頭を強く打つと致命的になることもあるので必ず装着してください。また一度衝撃を受けたヘルメットは内部の発泡体が潰れているので、衝撃吸収性がなくなっています。なので割れていたり凹んでいるヘルメットは危険なので決して使用しないで下さい。

ヘルメットは、正しく装着しないと十分に性能を発揮できないので、額を覆うくらいの角度で、メーカーが指定するバンドの締め付け具合で利用してください。また、利用者とメーカーとの相性もあります。

またヘルメットは、空気をうまく取り入れ、太陽光線をさえぎるので、かぶった方が涼しく走ることが出来ます。また、最近のものはデザインも洗練され、気軽にかぶれるようになりました。

グローブ

09_gwin_013519_l.jpg

走行中手への衝撃を吸収し、転倒したとき手を守ります。また冬は手が冷えないようにして、自転車を正しく操作できるようにします。MTBでオフロード走行する場合は、木などでも手を切るので、手の怪我を防ぐ為必ず装着してください。

最低限上記二点を身に着けておけば、ひどい怪我をある程度避けることが出来ます。専用ウェアは快適性、安全性に優れるので、長距離乗る場合は身に着けることをおすすめします。

アイウェア

ogk_013129_l.jpg

道路から巻き上がる埃、太陽からの紫外線を効果的に遮断し、かつ高速走行しても目が乾かないようにすることで目を守り、視界を確保します。路面状況や対向車がよく見えるので、着用をおすすめします。

 

自転車の保安パーツ

ヘッドライト

cteye_014861_l.jpg

路面を照らし、かつ自分の存在をアピールすることで、夜間走行の安全性を確保するものです。街中しか走らないのであれば存在をアピールし、少し路面を照らすことが出来ればいいので、小型のものでも何とかなりますが、夜間長距離を走行する場合はこのような明るいライトを使うことをおすすめします。赤いライトを使うことは避けてください。対向車が進行方向を把握できなくなります。

テールライト、もしくは反射板

夜間走行中やトンネル内で、後ろに存在をアピールする装備です。LED搭載のリアライトを点滅させることで自分の存在を強くアピールすることが出来ます。このようなしっかりしたものから、サドルバッグやバックパックに取り付けられる小さなものまであります。

dscf2994.JPG

ベル

鳴らすことで歩行者に存在を知らせる装備です。あんまり目立つところにつけたくない、という場合はこのようなどこにでも取り付けられるベルを使うことをおすすめします。

こんな取り付け方もあります

これらは走行中の安全を確保するのに大いに役立つだけでなく、もしこれらが装備されていない状態で事故を起こしたなら、「整備不良」とみなされてしまいますので、必ず装備して走行してください。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:mechanic

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読