HOME / 

Bicycleインプレッション / 

クロモリWバテッドのMarin(マリン)Muirwoods(ミュアウッズ)で試乗…

投稿者:admin

クロモリWバテッドのMarin(マリン)Muirwoods(ミュアウッズ)で試乗しました!!

Pocket
LINEで送る

クロモリWバテッドのMarin(マリン)Muirwoods(ミュアウッズ)で試乗しました!!

marin(マリン)Marin(マリン)Muirwoods(ミュアウッズ)Muirwoods(ミュアウッズ)

今日は少し観光気分で走ってきました

Marin(マリン)Muirwoods(ミュアウッズ)に乗り白梅町店から西大路通りを北へ北へ
左大文字を正面に見ながら、走り右手には桜で有名な平野神社(春には桜が満開で実に綺麗です)を見て、左手には安産のお参りで有名なわら天神(私たちもここで安産祈願しました)。次の信号を西に曲がり、少し走ると、ここから急坂の原谷(この辺では結構急坂です)というところへ走ってきました。(残念ながら坂の写真はあいにく取ってませんが)

ここまで非常に快適で、クロモリフレームとは思えないほど小気味よくすいすい走れ、クロモリ独特のふわふわ感もなくそれでいて26x1.5インチのスリックタイヤで
Marin(マリン)Muirwoods(ミュアウッズ)
路面の抵抗を適度に受け止めてくれるので乗り心地もすこぶるよいものでした。

坂道はどうでしょうか。Marin(マリン)Muirwoods(ミュアウッズ)ギア比の関係でしょうか、登りに軽いギアで走っていると軽すぎるのか、ハンドルが左右に振られるなあと思いながら走っていると、いつしかハンドルを持つ手が端の方へ、エンドバーも着いていないのにエンドバーがついているがごとく、力の逃げもなく走りきりました
ギア比との関係からか、ハンドルの長さ700㎜マリンといえばこのマークですねハンドルの長さも太さも(オーバーサイズ仕様)考慮したうえで設計してあるのを見て取れなおかつ走ってみて体験して確認できました

他にもさりげなくといいますか、フレームのシルエットを壊すこともなくリアエンドのところにキャリア用のダボ穴、バックフォークにも同様に見た目もすっきりして、いかにもという感もなくさりげなく、ついています

今、MTBでは珍しくなりましたフォーク中央のフロントキャリア穴もついて、細かいところまでしっかりつくっているなあと感心しました

カタログだけではわからない部分も有ますのでぜひご来店いただいて見ていただければクロモリフレームでリジッドフォークのよさも、わかってもらえると思います。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:admin

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読