HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

MET(メット)ShineThesis(シンセシス)Liquigasモデル

投稿者:matsumoto

MET(メット)ShineThesis(シンセシス)Liquigasモデル

Pocket
LINEで送る

日本時間で今夜、最終日となるツールドフランスでマイヨ・ア・ポワ・ルージュ(山岳賞ジャージ)をほぼ手中にいれるであろうフランコ・ベッリツォッティが所属するチームLiquigas(リクイガス)が使うヘルメットブランドMET(メット)のフラッグシップモデルShineThesis(シンセシス)のLiquigasチームモデルです。
MET(メット)ShineThesis(シンセシス)LiquigasモデルMET(メット)ShineThesis(シンセシス)Liquigasモデル
今年登場した新しいクーリング技術を採用したモデルで、軽さ・安全性・快適性を高いレベルで達成しており、この暑いシーズンにはピッタリのヘルメットではないかとおもいます。

もちろん、車連公認ですのでレースにも使えますし、その快適性は日常のライディングにもオススメ。

シーズン前には、唯一の欠点?として定価¥32,550-(税込)という価格がネガティブ(やはり高価かと...)な要素かと考えておりましたが、当店でも予約を開始するやいなや、予想以上の反響でたくさんのご予約頂き、デリバリー後もたくさんのご成約をいただいております。大変有難うございます。

画像のLiquigas(リクィガス)カラーも7/26夕方現在、残すこと僅かに1個のみとなります。
お探しの方は本気でお急ぎ下さい。また、完売の際はご了承下さい。

通常カラーのほうはもう少し余裕がありますが、これらも人気の為、タイミングによってはお取り寄せに時間を頂戴するかもしれません。

その他、MET(メット)ShineThesis(シンセシス)ではありませんが、
Garmin-Slipstream
BouyguesTelecom
などもツールドフランスで活躍したチームのレプリカモデルヘルメットが販売されております。

過酷な全21ステージでの選手たちの熱い走りをTV観戦した後にチームカラーのヘルメットで走れば、プラシーボ効果によりいつもの峠のタイムアタックで自己ベストも?!

 

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:matsumoto

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読