HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第101回★けいはんなサイクルレース

投稿者:DJ GALAPA

第101回★けいはんなサイクルレース

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。

いよいよ子供たちも夏休みに入りましたね!
京都は中途半端に(って言っちゃいけないんでしょうけれど)前期後期制なので、うちの子たちも、終業式もなく、通知表もなく、夏休み前最終日まで授業があって、終わってメリハリなく夏休みに突入してしまいました~
こんな中途半端なら1、2、3学期制のほうがいいんじゃないかといつもついつい思ってしまいます。
しかも!夏休みの終わりも早いんですよね。
8月25日からもう学校です。
あ~中途半端!!!(笑)

 

ま、とはいえ、楽しい楽しい夏休みです。
その最初を飾る形の3連休はなかなか雨でうう~んという感じでしたが、そんな中、20日の日は、京都でレースがありました!
その名は「けいはんなサイクルレース」。
精華町、木津川市の町長さん、市長さんにもお越しいただき、精華大通りを交通規制して行う公道レース。
しかも、マチナカ!
1周は2.3キロと短く、高低差もさほど激しくないため、人気のレースです。
今年はなんと!930名ものエントリーがありました。

 

小学生から実力別のオトナのレースまで、たくさんのカテゴリーにわかれてのレースとなりますが、なんといっても1000人近い人たちが会場にあふれる様は壮観!!!
ものすごくワクワクしてしまいます。
たくさんの出場者、そして、たくさんのカテゴリー。
そうすると、私の仕事は目の回る状態になります。
朝の試走案内から、集合の案内、スタートの案内、レース実況、そしてゴールしたら表彰の案内、次のレースのスタート、そして表彰式、終わったら即効レース実況に戻り、ゴールを迎えたら表彰の案内、そして次のスタート、スタートしたら表彰式・・・(以下繰り返し・・・笑)
まあ、こんな調子です。
しかも、スタート地点とゴール地点と表彰の場所は近いとはいえ、すべて違う場所なので、ウロウロバタバタ、やいやい、いっそがしいのなんの(^^;)
雨はなんとかこの日は小康状態で助かりましたが、その分暑くって暑くって・・・
汗がとめどなくあふれ、だんだん脱水になってくるし、途中途中で水分をあおりながら、走り回りました。
本当にレースはスタッフが倒れるわけにいかないわけで、選手はもちろんですが、競技役員に求められるタフさはそれ以上。
炎天下で一日中、立ちっぱなしで選手を誘導する審判や、バイクでずっと走り続ける審判、受付だって大変です。
みんなで頑張ってます(^^)
この日のレースはKBS京都でその日のニュースで3分ほどの特集で放送されました!
こうやって放送されることによってみなさんに見ていただけるのは嬉しいですね~
公道を使用させていただいてのレースなので地元の方にとっては家のすぐそばでレースがあるという状況になるのですが、地元の方も本当に楽しみにしてくださって、「年々盛況になるね~」なんてニコニコして声をかけてくださった方も。
楽しみにしてくださってとても嬉しいです。
でも、不便を強いているのも事実ですから、ご迷惑をかけてもなお、楽しみにしていただけるように、例えば会場にゴミを残さない、気持ちのよいレースをする、などはとても大切なこと。
ツーリングしていてもそうですが、とにかく訪れた場所、お世話になった場所をキレイに、というのはとても大切ですね。
これから夏休みでレースやツーリングをご家族で企画されている方も多いかな、と思いますが、是非是非、お子さんやご家族に、「お世話になった場所をキレイに、また来るよ~という笑顔だけ残していこう」ということを言葉に乗せてお話いただけたら嬉しいなあと思います。
さ、うちも夏休み本番。
といってもレースが結構続くので長期の遊びは無理ですが、何か自転車でも出かけたいなあ~と思っています!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読