HOME / 

自転車メンテナンス / 

<自転車メンテナンス> ワイヤーのグリスアップ

投稿者:mechanic

<自転車メンテナンス> ワイヤーのグリスアップ

Pocket
LINEで送る

雨天走行の後や、長期間乗ったとき、ブレーキングやシフティングがかなり重くなることがあります。これはワイヤー内から油分がなくなってしまったからで、放っておくとブレーキが正常に利かなくなったり、変速できなくなったりするので、定期的にグリスアップしましょう。

ブレーキワイヤのグリスアップ

  • リアブレーキ
  • インナーワイヤー(鉄やステンレスでできたコード)が露出しているものは、簡単にグリスアップできます。

    ブレーキワイヤーのグリスアップには、Dura-Aceグリスメンテルーブを使います。

    1. ブレーキを開放する
    2. ブレーキを開放する

      ブレーキを開放し、ワイヤーを緩めます。

    3. アウターワイヤーをずらす
    4. アウターワイヤーをずらす

      アウターワイヤーをずらし、インナーワイヤーと接触する部分を露出させます。

    5. グリスを塗布する
    6. グリスを塗布する

      インナーワイヤーとアウターワイヤーが刷れる場所にグリス、もしくはオイルを薄く塗ります。塗りすぎるとごみが付着しやすくなります。

      ティッシュやウェスを使うと簡単に塗ることができる

      このように、ティッシュやウェスを使うと簡単に塗ることができます。

    7. 元通り組みなおす
  • フロントブレーキ、もしくはフルアウター
  • これらはアウター内に十分グリスを流し込めないので、一旦ワイヤーを外して作業します。Vブレーキならこちら、キャリパーブレーキならこちら、カンチブレーキならこちらを参考にしてください。

    1. ブレーキワイヤーを外す
    2. ブレーキワイヤーを外す

      上に挙げた記事を参考にインナーワイヤーを外してください。

      インナーキャップもペンチなどで外す

      このときワイヤーほつれ防止用のインナーキャップもペンチなどで外してしまいます。

    3. アウターを外す
    4. アウターを外す

      そのままアウターを引き抜きます。

    5. グリスアップする
    6. グリスアップする

      グリスなら、インナーワイヤーとアウターワイヤーが触れる箇所に薄く塗り、オイルならアウター内に直接スプレーします。

    7. 元通り組みなおす
    8. 元通り組みなおす

      ワイヤーを、元通り固定します。しっかり固定しないと外れる場合があるので注意してください。

シフトワイヤのグリスアップ

シフトワイヤーのグリスアップには、シマノ純正のシフト用グリスメンテルーブを使います。

  • フロント
    1. ワイヤーを弛ませる
    2. ワイヤーを弛ませる

      シフトワイヤーを簡単に外すために、一度アウターギアに変速し、クランクを止め、そのままインナーに変速することでワイヤーを弛ませます。

    3. シフトアウターを外す
    4. シフトアウターを外す

      シフトアウターを外します。外したら、決してクランクを回さないで下さい。ワイヤーの弛みが取れて面倒なことになります。

    5. グリスアップ
    6. グリスアップ

      ブレーキワイヤーと同じように、インナーワイヤーにグリスかオイルを塗ります。

    7. 元通り組みなおす
    8. 元通り組みなおす

      シフトアウターが固定しにくかったら、フロンとディレイラーを手でアウター側に寄せてください。

  • リア
    1. ワイヤーを弛ませる
    2. ワイヤーを弛ませる

      シフトワイヤーを簡単に外すために、一度ローギアに変速し、クランクを止め、そのままトップに変速することでワイヤーを弛ませます。

    3. シフトアウターを外す
    4. シフトアウターを外す

      シフトアウターを外します。外したら、決してクランクを回さないで下さい。ワイヤーの弛みが取れて面倒なことになります。

    5. グリスアップ
    6. ブレーキワイヤーと同じように、インナーワイヤーにグリスかオイルを塗ります。二箇所以上あるので注意して下さい。

    7. 元通り組みなおす
Pocket
LINEで送る

投稿者情報:mechanic

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読