HOME / 

商品紹介 / 

みどりの日なので、グリーンがトレードカラーのロードバイクを紹介![MERIDA …

投稿者:mc2

みどりの日なので、グリーンがトレードカラーのロードバイクを紹介![MERIDA SCULTURA 700]

Pocket
LINEで送る

世間はGW真っ最中ですが、もりもり働いています!
そして今日は祝日のみどりの日なので、緑色にちなんだ自転車を紹介したいと思います!

MERIDA 2017年モデル SCULTURA 700

商品ページはコチラ

2017年にアルミモデルもリニューアルしたSCULTURA(スクルトゥーラ)。リニューアル前はゆるやかに湾曲したフレームデザインでしたが、リニューアル後は直線的なデザインになり、よりレーシーな見た目に。

フルカーボンフォーク

カタログ上ではわかりにくいのですが、メリダのロードバイクモデルのフォークは、コラムまでフルカーボンなんです。同価格帯のエントリーグレードのバイクは大体がアルミ×カーボンなんですが、さすが大手OEMメーカーだけあって、見えないところも妥協しません!

遠目から見たらほぼカーボンモデル

メリダのお家芸ともいえるスムースウェルディング仕上がりは、ぱっと見はカーボンモデルと見まがうほどの美しい仕上がり。プラモデルの合わせ目消しをやったことをある人は分かると思いますが、たぶん…すごく手間がかかる作業なんだろうなぁ…と思う。


※イメージ画像です。

シートポスト

[

シートポストはロゴ入りのカーボン製。コンフォートモデルに多い、細めの27.2mm径を採用しているので振動吸収性が良く、すごく乗り心地がいいです♪

BB周り

基本コンポーネントは全てShimano105で統一。クランクは52-36Tのノーマルクランクをアッセンブル。また、SCULTURA 700のみBBがBSA(ねじ切り)ではなく、PF86(プレスフィット)が採用され、軽量化に貢献しています。

国内モデルのみ採用のDT SWISS

ホイールは完成車では珍しいDT SWISSのR24 SPLINEがアッセンブルされています。カンパニョーロのゾンダよりやや下のグレード…ぐらいのイメージですが、コストパフォーマンスに優れたいいホイールです。同価格帯の完成車についているホイールより軽くてよく回りますよ。

休日のライドから、本格的レースまで

SCULTURA 700は完成車の状態でも、アッセンブルされているパーツのレベルが高く、非常によくまとまったモデルです。フレーム本体の完成度も非常に高いので、自分好みにカスタマイズをしていけば、レースに出ても十分通用するバイクだと思います!

自転車シーズンに向けて、ロードバイクを買うなら
メリダのスクルトゥーラ!いかがでしょうか!

その他メリダのロードバイクはこちら

E-mail:support@qbei.co.jp
【24時間受付中】

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:mc2

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読