HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第9回★安全に楽しく走るために。アイウェアの話。

投稿者:DJ GALAPA

第9回★安全に楽しく走るために。アイウェアの話。

Pocket
LINEで送る

こんにちは!DJがらぱです。ようやく一週間の秋田国体から戻ってきました。今年の国体ではトラック競技で大会新が2つも出るなど、とてもハイレベルで熱い戦いばかり。特に少年の200mFTT(フライングタイムトライアル・・・助走をつけておいてトップスピードに乗ってからの200mを計測するタイムトライアル。ハロンともいう)では、12年ぶりの記録更新となりました。この記録を出した愛知の深谷選手は今年8月のメキシコであったジュニア世界戦でも1キロタイムトライアル、チームスプリントでジュニア日本新記録を出していて、今ノリに乗っている高校生です。

近畿勢では奈良県の少年選手が大活躍。エリミネーションでは入部選手、4キロ速度競争では1年生の元砂選手、ポイントレースでは吉田選手がそれぞれ優勝。(全員同じ高校の自転車部というのもすごい)、成年では兵庫の代表、角選手が少年から含め、ポイントレース3連覇と大活躍でした。

京都の選手も健闘しましたが、都道府県別の入賞は残念ながらなりませんでした。

さて、今日は「セーフティー」がテーマです。

安全に走る、ということは結局は楽しく走ることにつながります。めんどくさいなあ、と思っていると思わぬところで怪我をしてしまったりして楽しくなくなってしまいます。ちょっとしたツーリングやお出かけなどでも安全に対する意識は大切です。

まずはヘルメット、グローブなどの安全装備。これは万が一転倒事故などがあったときに身体を直接守ってくれるものです。ヘルメットはいつもかぶる前にひび割れなどがないか確認しましょう。もし少しでもひびが入っていたらそのヘルメットは使わないことが大切。アゴ紐などのゆるみ、パッドの具合も確認してくださいね。もし、これからレースに出るかもしれないならば、JCF(日本自転車競技連盟)公認のシールの有無も確認してください。このシールがないとたいがいレースに出られません。モノによってはシールが箱に別で入っている場合もありますから購入時に必ず確認が必要です。

グローブはこれも転倒事故のときなどに手を守ってくれます。そして走行時の負担軽減にも一役買ってくれます。サイズも様々ですから店頭ではめてみて購入するといいですね。

特にこれらの装備はお子さんにとってとても大切。京都では自転車の前や後ろに子供を乗せる際もヘルメットが必要になりました。チャイルドシート同様、まずは乗るときは必ず必要だということを親が毅然とした態度で話してあげてください。

そのほかにも安全を視点に考えると必要なものが様々あります。補給食や水なども大切。タオルやコンビニのビニール袋などもいざというとき役に立ちます。もし靴がぬれてしまったらコンビニのビニールをはいてから靴を履くなど、身体を冷やさないためにこういう細かいグッズが活躍します。新聞紙もあるとこれも寒くなってしまったときにおなかや背中に入れると熱をためてくれるので便利です。

さらに今回力を入れたいのがアイウェア。つまり「サングラス」です。

さまざまなメーカーからカッコイイサングラスが出ていますが、最低限2種類のレンズを用意したいところ。レンズを換えられるものならば換えレンズだけでもいいですが、荷物に余裕があれば2つ持っていると簡単です。

ひとつは日差しをちゃんとブロックしてくれる色のついたもの。色は好みですが、オレンジ系のミラーが私はオススメ。オレンジ系のものはかけたときとはずしたときで明るさにあまりギャップがないのにしっかりと光をブロックしてくれて目が楽です。そして突然トンネルに入ったりしたときは逆に視界を明るくしてくれます。ブルーはしっかりと暗くしてくれるので夏場はいいですが、秋口は暗すぎるかも。あくまでも好みですけどね。

もう一つはクリアレンズのもの。これは突然曇ってきたり、日が暮れてしまったりした時に色のついたレンズだと走るときに支障が出てしまうから、ということでなのですが、「だったらはずせばいいやん」と思われるかもしれません。でも、はずしたくなるくらいの条件でも私はアイウェアは是非かけることをオススメします。というのも自転車で走行中、結構いろいろなものが顔に飛び込んでくるからです。私も虫がぶつかってきたり、突然ホコリが舞ってきたりという経験をたくさんしました。サングラスは「目を守る」ためのもの。色が必要ないときもクリアレンズのものをかけておくことは結構大事です。クリアレンズでもUVカットはしてくれるので紫外線も安心。デザインもとても豊富なので普段かけるのにもいいです。

私はめがねをかけているから・・・という方はサングラスの内側にレンズを仕込めるタイプもありますので試してみてはどうでしょう。お店で相談してみてくださいね。ちなみに私はコンタクトなのですが、サングラスはホコリからも守ってくれるので必需品です。

フレームも毎年新しいモデルが出ています。そろそろ展示会シーズン。08モデルのカタログも出始めています。是非QBEIで自転車はもちろん、グッズの来年のいろいろなニューモデル、デザインをチェックしてくださいね!

がらぱのサングラス♪ 

写真は私がらぱ愛用のサングラス。オレンジのクリアに近いレンズなのでほぼオールマイティどんなコンディションでもいけて気に入ってます♪

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読